ここから本文です

「生活の足」と「見世物」の意識の差、どうしても埋められないものでしょうか。 ...

ajo********さん

2016/4/2109:49:25

「生活の足」と「見世物」の意識の差、どうしても埋められないものでしょうか。

昨日、この掲示板で、地元のJR路線のことを書かれた若い方がおられました。
「阪和線の魅力を教えてください」
と。

しかし、
>個人的には古い車両が多く、また昔の親しみ深い京葉線と同じ車両が走っていて好きです。
という見世物のような視点での書かれ方に、残念な思いになりました。

鉄ちゃん(乗り鉄)でありながらも地元の生活の足として利用しているわたくしとしては、愛着もありますが、その一方でトラブルもしばしばあり、かつてよりはましになっているものの(ひとときは内部の犯罪でのトラブルすら相次ぎましたので…)依然他の路線以上に遅延・抑止をある程度覚悟で利用しなければならず、また普通(各駅停車)電車の使用車輌の古さなどによる問題も感じます。
103系の電車が整備不良のため立ち往生した事案もかつてありましたし、古い車輌がが多いのが魅力などと言われると、利用者の視点では「同じ鉄ちゃんではあるものの、何だかなあ」と思ったわけでして。

生活の足としての視点と見世物としての視点、どうしても出来てしまうのでしょう(わたくしも皆無とは言い切れません)が、今回の熊本地震におけるまた別の質問者様からのいささか物見高さが鼻につく複数の質問を見た後の地元路線についての質問だけに、少々神経質になっているのかも知れません。
しかし、わたくし自身今回のことで、地元の生活者視点を察しながら、アウェイにおけるそういう見世物視点との差をなるべく縮めて考えられるように、と思うようになりました。

鉄道愛好者として、「地元生活者の足」と「見世物」の意識の差、どうしても埋められないものだろうか、皆様如何でしょうか?

閲覧数:
307
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sun********さん

2016/4/2110:04:00

そもそもの視点が「生活者」と「趣味人」で異なる以上、それはどうやっても不可能と思います。

対象を例えば「遊園地スタッフ」などにしても同じでしょう。華やかで楽しそうに見える遊園地スタッフやエンターテイメントキャストも、その裏では色々な苦労をしているものです。それが来園者には見えないのと同じです。

華やかな特急車両も、日々地道に走り続ける通勤型電車も、「鉄道車両」としては同じ括りに入ります。最新型の車両だって故障もしますし、定期的に点検を受けなければ走ることはできません。それは新旧を問わず発生する事柄です。

逆に「外野だからこその視点」「生活者だからこその視点」があり、時としてそういう多面的な見方を学ぶこともあり、それがお互いにとって必要なことだとも思います。

  • 質問者

    ajo********さん

    2016/4/2112:01:31

    ありがとうございます。
    遊園地、百貨店、雪国、棚田、茶畑…確かにそういう面はありますね。

    >多面的な見方
    おっしゃる通りですね。
    駕籠を担ぐ者、乗る者、そのまた草鞋を編む者それぞれの苦労、見え方があることを考えることは大事でしょうね。
    わたくしも旅先の沿線で繰り広げられている生活、生活者の視点のことを考えようとはしていますが、まだまだ十分ではないのかも知れません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/4/26 11:05:35

皆様ありがとうございました。
皆様のご高見でいろいろ考えさせられました。
やはり「町のねずみと田舎のねずみ」「狐と鶴」の寓話の言うところなのでしょうね。
「外野だからこその視点」「生活者だからこその視点」などなど多面的な視点をこれからも大事にできるよう精進したいと思います。

皆様今後もよろしくお願い致します。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pit********さん

2016/4/2113:04:29

「見せ物」として鉄道に乗ったり見たりする人達にとっては、有る意味「遊園地の乗り物」と同じです。
都心部で走っていない古い車両ではなおさらの事でしょう。
そもそも生活の為の移動手段ではないのです。
それを逆手に取ったのが九州の「ななつぼし」ですが、基本的にはこれも「高価な遊園地の乗り物」でしかありません。

私たちの日常を「娯楽的環境」と捉えて「特別な経験」をする為に「気軽な旅行」に来る人ですから、それを求める事は無理でしょう。
逆の立場に成れば同じ事を思われている可能性も有ります。
田舎から出て来た観光客が都心で大きな荷物を抱えて通勤電車に乗るのを「出てくんな!」と思いながら見ている人は少なからず居ると思いますよ。

阪和線沿線をすごい田舎だとは思いませんが、
そういう考え方をする都会の人に対しての見方を変えた方が良いと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

alt********さん

2016/4/2110:15:45

意識というより視点の差だと思います。
地元の人自身が、地元の観光地に関心を示さなかったり、行こうとしなかったりするのと同じです。
好きという「意識」は根底では共通しています。その理由が異なるだけです。

たとえば東京の京葉線は、ディズニーランドに行く路線としてあまりに有名です。しかし基本的には千葉県から東京・船橋方面に向かう通勤路線です。
この視点はどうしたって埋められません。乗車目的が違うのですから。
違いを埋めるために「だったら住んでみろ」「だったら離れてみろ」と言えるでしょうか。

大きい話になってしまいますが、国レベルでも同様です。
最近、訪日観光客は「爆買い」より「体験」を求め始めている、と聞きます。しかし、日本側はまだまだ経済寄りです。


繰り返しますが、乗車目的は人それぞれです。
極端な話、大阪環状線や山手線に第三第四の魅力を感じる人もいます。
その差を埋めることはできませんし、埋める必要もないと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

bts********さん

2016/4/2110:03:13

古い車両が見せ物という感覚は無いです。むしろ丈夫で長持ちというのは、それだけ物を大切にするという考え方をします。

古い車両が走るといつも見せ物という考え方って、ちょっと寂しい気持ちになります。中には普通に古い車両で運用されてる場合だってあるので、決めつけるのは良くないです。現にウチの地元の名鉄は新型はあまり無いです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sil********さん

2016/4/2110:01:41

生活の足なら新しい車両がいいですし、見世物なら古い車両もありです。
例えば蒸気機関車は、生活の足なら煙が苦痛でじゃまなだけですが、見世物ならその煙がたまらないのです。

意識の差なんて、埋めなくてもいいでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sad********さん

2016/4/2109:56:00

こればっかりはどうしても埋めようがない気がします。
鉄は全員とは言いませんが、
古い車両を好む傾向が強いという感覚はあります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる