再婚を決めたきっかけは?

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(1件)

1

先ずは、子供が成人し一人立ちできるまで待ってくれた事ですね。 子供は再婚を早くから勧めてくれていましたし、相手の事も信頼してくれていましたが、私自身の気持ちは「子供が社会人として自立してから」と言う考えでした。 お付き合いをしてから7年目ですね、再婚を決意したのは。 お互いに40代半ばと後半と言う年齢でした。 焦る必要もなく、私自身の収入で十分に生活出来ていましたし、一人親としての生き方と覚悟を理解して貰えない人との再婚は有り得なかったので。 7年間と言う時間を気長に待ってくれ、相手も焦る事無く互いの時間を有意義に使いながら過ごしてきました。 相手側の家族や友人とも良い関係が作れ、こちらの家族や友人とも良い関係が作れ、子供も社会人として立派に成長出来て始めて自分の事だけに集中できる環境が整ったからです。 子供が小さいうちの再婚は頭から有りませんでしたし、考えた事もありません。 今でも一番は子供です。(何歳になろうとも) 其れを理解して貰えない内は再婚には踏み切りません。 経済的にも「おんぶにだっこ」が嫌な性格なので、仕事も辞める事は有りません・・・別に専業でも生活出来る位の収入が相手には有りますが。 そこも理解してくれている事は私には重要な要素でしたね。 再婚までには数々の喧嘩も有りましたが、年月を掛けて理解し合い、互いが納得出来る状況が整った時に始めて再婚を考えました。 人としての器の広さと、互いの状況を理解しあえる事、そして何より子供の年令です。 親の都合で判断するのではなく、子供の考え方が一人前になり、判断能力や意見が出来る環境になった事が一番でしょうね。

1人がナイス!しています