ここから本文です

叔母から遺言書をコピーをいただきました。

アバター

ID非公開さん

2016/4/2312:28:12

叔母から遺言書をコピーをいただきました。

私の母の姉です。
叔母は家族がいないため、私の母に財産を遺すとしています。
そして、私に年1回墓参りをするよう記載されています。
私が千葉で、叔母は鳥取なので、結構な距離です。
最初はいいですが、永久に年1回は厳しいかと思っています。
遺言書は義務ではないと思うのですが、自分なりに解釈して継いでいっていいものでしょうか?

閲覧数:
262
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

wxy********さん

2016/4/2314:13:51

法律上の話としては、「相続しました、墓参り0回です」・・・違法性はありません。

相続する際に【条件を添える】人が居ますが、それは基本的に無効ですよ。相続争いがあって、「あいつが約束を守っていないにも拘わらず相続している」なんて訴える人も居ますけど、じゃあ、「約束を守らなかった場合の相続内容」について定めてあるのか?って言うと、これがほぼ全てのケースにおいて無いんですよね。

最終的に、遺言書を破棄して法定相続割合にて処分するか、もしくは遺言書のまま契約不履行で終わらせるか、そんなもんです。

遺言書の内容を破棄するのは、法定相続人+遺言書で遺贈される人全員の合意があれば、全く問題ありません。


「母の姉」の遺言書ですから、母は姉の【法定相続人】=【遺言書が無くても相続権を持っている人】でしょう。母の父母が存命なら、そちらが法定相続人ですが、すでにお亡くなりなのではありませんか? となると、母と姉以外の母の兄弟でも居れば、そちらも法定相続人になるので、遺言書が無いと権利がそちらにも回りますが、母と姉以外に兄弟も居ないのであれば、実は遺言書なんか無くても、100%母が相続出来るんですよ。裏を返すと、【遺言書を破棄するのも母の自由】なのです。

母に姉以外の兄弟が居ないなら、【姉の遺言書を破棄して法定相続する】という処置にするだけで、遺言書は無効化できてしまいますね。


他にも手はありますよ。「お金を掛けて、鳥取のお墓を移設してしまう」のです。あるいは、母の姉を鳥取では無く近くに納骨するのです。鳥取に縁者が居なくなるのなら、お墓を処分し、遺骨(お金があるなら墓石も)を近くのお墓に移すのも一つの方法として検討してみては如何でしょうか。存命の人たちが誰一人知らない過去の人たちがお墓の中に居る場合については、遺骨が残っていても、その墓地(寺)に永代供養を頼む形で、最後のお別れをして終わりにするのも一つの方法ではあると思います。


個人的な見解ですが、鳥取に放置して誰も行かなくなるくらいなら、近くに移す(母の姉は最初から近くに入れる)方が良いようにも思いますよ。1年に1回は、その遺言を残す故人が、あなたやあなたの家族が1年に1回行くに余り有る旅費が出るほどの大金を残してくれた場合だけだと思いますね。遺産が10億円あなたの手に直接入るというのなら、納税してもなお1年に1回行くのに十分な旅費は出るでしょう。でも、それには程遠い遺産なのではないでしょうかね。。

もう一つ個人的な見解ですが、【ワガママな遺言】を残す人も少なくありません。でも、その遺言が、残された遺族のことを無視しているケースって、多いんですよね。これを守ってもらえる可能性、【無い】と思いますよ。遺言を残すのなら、それを託される側のことも配慮すべきです。そういう配慮も無く、身勝手な遺言を残した結果、誰もその遺言を守ってくれなかった・・・故人の自業自得だと思います。遺言を守ってもらえないというのは、故人の生前の不徳の成すところでしかないんですよ。故人がきちんと遺族のことを考えた思いやりのある遺言を残し、生前も遺族となる人たちを大切にしていたのなら、それに見合う死後があるでしょうけど、そういうことをしなかった人には、死後も無いと思いますね。

母の姉がワガママな遺言を残す・・・・守れなくても気にしない方が良いでしょう。あなたの生活等を配慮した思いやりのある遺言とは到底思えません。

アバター

質問した人からのコメント

2016/4/29 21:03:39

様々な選択肢を提示いただき、ありがとうございました。
非常に助かりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ppt********さん

2016/4/2408:02:32

民法上「負担付遺贈」(民1002)といっています。

遺言になんと書いてあるかにもよりますが、その負担は永久でなく、遺贈の価値を限度としてそれを超えてまで義務を履行させられることはありません。

また受遺者と負担者は別人ですので、その負担行為の部分は無意味と考えます。母は満額遺贈を受け、負担行為の履行はあなたに課せられません。

que********さん

2016/4/2315:10:44

千葉と鳥取がどんだけ離れてんだよ?毎月ならともかく年一回なら海外だって可能だろ。結局お前には墓参りする気がないだけ。だったら辞退しろ。

fre********さん

2016/4/2313:36:34

法律的なことを言えば
遺言に「毎年墓参りすることを約束として遺贈する」
としてあったとして、墓参りにいけなくなることは
ままあるので、その部分は遺言として効力が
生じないんですねぇ。

「兄弟仲良くすることを条件に全部相続させる」
とした遺言で、兄弟の仲が悪くなったケースが
ありまして、その時に、兄弟仲良くとかいう部分だけ
遺言として効力生じない、と判じています。

それと類似のケースです。


質問者さんは、永久にはどうだろう…という点で
「最大限行きます」という意味で読み取れますから
問題ないですよ。

sal********さん

2016/4/2312:56:03

貰う物だけ貰ってやる事やらないなら相続違反‼︎年1回すら来て貰えないなんて可哀想…

kae********さん

2016/4/2312:30:26

年1回墓参りしないなら、相続してはいけない。約束違反だから。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる