ここから本文です

純文学の書き方。 書き方本を見ていると、純文学は、何を書くかではなく、ど...

murakami_hashimotoさん

2016/4/2423:42:30

純文学の書き方。


書き方本を見ていると、純文学は、何を書くかではなく、どう書くかだというのがあって、僕は疑問に思いました。

どう書くかとは、どういうことなのでしょうか?

例えば、東京をテーマに書くと決めます。
そして、ありきたりですが、地元を離れて上京した青年を主人公にしたとします。

この場合、例えば、どう書くんでしょうか?
ちょっとイメージが湧きません

閲覧数:
615
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

n24985489さん

2016/4/2500:09:18

自分の好きなように書けばいいんです。何を書くかという風に深く考える必要性はないですよ。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「純文学とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ta_choudennさん

2016/4/2515:49:10

過去に何度も同じような質問をされてますね。

『東京に上京してきた青年』というのはテーマではありません。
どちらかと言えば、テーマというよりは、むしろ『設定に係わる一要因』です。

小説におけるテーマというのは、

① 初対面の人と仲良くしたい
初対面の人と仲良くするためにはどうすればいいんでしょうか?

とか

② 体罰の正当性
ここ連日のように報道されている大阪の学校であった体罰が話題ですが、顧問は体罰は必要だと話しているそうですが、これを聞いてどう思われますか?

とかいう、書き手(質問者様)の心の中にふつふつと湧き上がる疑念、というより頭を悩ませる難問のことをいいます。(いずれも質問者様の過去質問より抜粋)

しかしながら、このような『問題』と『答え』では、どんなにうまく書けたとしても純文学のテーマには相応しくありません。なぜなら答えが、決まっていて、すでに人類の知恵として知恵袋に明記されているからです。

①では「仲良くなりたい他人と、共通事項をさがして二人で盛り上がる」というのが、恐らく人類全体の総意でしょう。また、人類学的にもそうだと認められているようです。いまでは、それこそあらゆるパターンが検討され尽くしていますから。新たな精神的発見には繋がりそうにありません。

人類がいままでに体験したことのない感情といったものを、実例に即しながら正確に読者の心の中に描き出すことを純文学のテーマというのです。

それから、選んだテーマに相応しい舞台を選定する。東京という地名が出てくるのはそのあとのことです。場合によっては大阪かも知れないし、名古屋かもしれない。福岡や札幌、広島なのかも知れない。テーマの内容によって始めて場所が決まるのです。


----おまけ----

質問者様が東京が舞台にこだわるのは、なにか理由でもあるんでしょうか?
潜在的読者数が多い、という以外、取り立てて利点はないように思えるのですが....

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

motosh51さん

2016/4/2507:33:36

どう書くかは重要だと思いますよ。好きなように書けばいいというのは確かにその通りですが、これまでの文学の達成を無視して先に進むことはできません。
要はどれだけ読んでいるかです。そしてそれらの真似をするのではなく、自分独自の表現をすることです。
笙野頼子、多和田葉子あたり読んでますか?
あと筒井康隆あたり。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。