ここから本文です

お手数ですが翻訳をお願いします

アバター

ID非公開さん

2016/5/1001:00:01

お手数ですが翻訳をお願いします

The Vuforia Unity API has been refactored, as have the folder structures of the Vuforia Unity extension and samples. These changes bring the Vuforia Unity releases into harmony with the naming conventions and workflow for Vuforia 5.



1.MAKE A BACKUP OF YOUR EXISTING UNITY PROJECT.
Important: DO NOT SKIP THIS STEP!
2.Remove any ARCamera instance from your scene(s): take note of any custom scripts or components attached to your ARCamera instance before deleting it, as you will need to manually re-add the ARCamera to your scene, and re-add those custom components as well, at the end of your migration.
3.In the Qualcomm Augmented Reality/Script folder, rename the following files and update their class names to match:

From

To


File: QCARBehaviour File: VuforiaBehavior
File: DataSetLoadBehaviour File: DatabaseLoadBehaviour
Folder: Qualcomm Augmented Reality Folder: Vuforia

4.Renaming the Qualcomm Augmented Reality folder to Vuforia is necessary to allow Unity to update prefab script component references.
5.From the Unity Project view, delete the following folders: ◦Editor/QCAR/Scripts
◦Vuforia

6.From the Unity Project view, delete the PostProcessBuildPlayer file from the Editor folder.
7.Carefully delete only the Vuforia-specific plugin files in the Plugins directory as your project may have other third-party plugins. The Vuforia plugin files are shown in the following image with Unity's Project View (left) & local file system (right). ◦Unity hides the file extensions. Most plugin files above easy to distinguish. Where multiple files with same name exist, such as QCARWrapper.*, colored lines illustrate relationship to the associated files as displayed in the file system (ex: OS X Finder).

8.After removing the necessary files, you may want to close and re-open your Unity project if using source control in your project.
9.From the latest installer, import vuforia-unity-android-ios-5-0-x.unitypackage. Make sure that all components are checked and installed.
10.Fix any compiler errors. Mostly will show a class or method containing “QCAR” not being found.
Simply replace QCAR with Vuforia, except for the following two exceptions:
From To
Class: DatasetLoadBehaviour Class: DatabaseLoadBehaviour
Property: QCARManager.QCARFrameIndex Property: VuforiaManager.CurrentFrameIndex

Once these changes are implemented, following these migration steps: 1.For pre-Vuforia 4 projects, you will need to replace the ARCamera instances in your scenes with an updated 5.0.x ARCamera prefab instance. ◦Be sure to replace any custom scripts that you had attached to the ARCamera

2.Add a valid license key to the App License Key field in VuforiaBehaviour. See: How To add a License Key to your Vuforia App
3.Fix any compile errors that can occur due to the API changes that were introduced with the latest SDK.
4.Build and run.

For a full description of the changes that have been introduced with 5.0, See: Changes in Vuforia 5

閲覧数:
207
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yup********さん

2016/5/1417:07:13

Vuforiaユニティ拡張とサンプルのフォルダ構造を持っているようVuforiaユニティAPIは、リファクタリングされました。これらの変更はVuforia UnityがVuforia 5の命名規則とワークフローとの調和に解放させます。



既存のUNITYのプロジェクトのバックアップを1.MAKE。
重要:この手順は省略しないでください!
あなたのシーン(複数可)から任意のARCameraインスタンスを2.Remove:あなたは手動であなたのシーンにARCameraを再度追加する必要がありますように、それを削除する前に、あなたのARCameraインスタンスに接続されているすべてのカスタムスクリプトまたはコンポーネントのノートを取り、それらを再度追加カスタムコンポーネントだけでなく、あなたの移行の終わりに。
クアルコム拡張現実感/スクリプトフォルダ3.In、次のファイルの名前を変更し、一致するようにそのクラス名を更新します。

から




ファイル:QCARBehaviourファイル:VuforiaBehavior
ファイル:DataSetLoadBehaviourファイル:DatabaseLoadBehaviour
フォルダ:クアルコム拡張現実フォルダ:Vuforia

Vuforiaにクアルコム拡張現実フォルダを4.RenamingするとUnityがプレハブスクリプトコンポーネントの参照を更新することを可能にすることが必要です。
5.Fromユニティプロジェクトビューには、次のフォルダを削除します。◦Editor/ QCAR /スクリプト
◦Vuforia

6.Fromユニティプロジェクトビュー、エディタのフォルダからPostProcessBuildPlayerファイルを削除します。
あなたのプロジェクトは、他のサードパーティのプラグインを有していてもよいよう7.Carefully PluginsディレクトリにのみVuforia固有のプラグインファイルを削除します。 Vuforiaプラグインファイルは、ユニティのプロジェクトビュー(左)&ローカル・ファイル・システム(右)と、次の画像に表示されています。 ◦Unityは、ファイルの拡張子を非表示にします。区別しやすい上記のほとんどのプラグインファイル。 (:OS XのFinderの元)。同じ名前の複数のファイルは、QCARWrapperとして、存在する場合、ファイルシステムに表示されているように*、色付きの線は、関連ファイルとの関係を示しています。

必要なファイルを削除8.After、あなたは閉じて、プロジェクト内のソースコントロールを使用している場合は、あなたのユニティプロジェクトを再オープンすることがあります。
9.From最新のインストーラ、輸入vuforia-ユニティアンドロイド-IOS-5-0-x.unitypackage。すべてのコンポーネントがチェックされ、インストールされていることを確認してください。
任意のコンパイラエラーを10.Fix。主に「QCAR "見つからないを含むクラスやメソッドが表示されます。
単純に次の2つの例外を除いて、VuforiaでQCARを置き換えます。
からの
クラス:DatasetLoadBehaviourクラス:DatabaseLoadBehaviour
プロパティ:QCARManager.QCARFrameIndexプロパティ:VuforiaManager.CurrentFrameIndex

これらの変更が実装されたら、これらの移行手順次:プリVuforia 4プロジェクト1.For、更新された5.0.xにARCameraプレハブインスタンスにあなたのシーンでARCameraインスタンスを交換する必要があります。あなたはARCameraに添付していた任意のカスタムスクリプトを交換してください◦Be

VuforiaBehaviourでのアプリのライセンスキー]フィールドに有効なライセンスキーを2.Add。参照してください:あなたのVuforiaアプリケーションへのライセンスキーを追加する方法
3.Fix任意の最新のSDKで導入されたAPIの変更に起因して発生するエラーをコンパイルします。
4.Buildと実行。

5.0で導入された変更の詳細については、を参照してください:Vuforia 5の変更を

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる