ここから本文です

設立時募集株式の引受人が所定の期日又は期間内に設立時募集株式の払込金額の全額...

kit********さん

2016/5/616:42:41

設立時募集株式の引受人が所定の期日又は期間内に設立時募集株式の払込金額の全額の払込みをしなかった場合には、その引受人は、その払込みをすることにより設立時募集株式の株主となる権利を失

う。

この文章の言っていることが分からないので、分かりやすく説明してもらえますか?

よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

閲覧数:
145
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bam********さん

2016/5/623:57:37

え~・・その通りなんですが・・
ようするに「募集株式に応募した人は、期限内にお金を払わないと株主になれないよ
後から払っても認めません」

だけです
でもひょっとしたら当たり前すぎてピンと来ないのかもしれませんね・・

と言うのは対になるものとして会社法の
第三十六条 発起人のうち出資の履行をしていないものがある場合には、発起人は、当該出資の履行をしていない発起人に対して、期日を定め、その期日までに当該出資の履行をしなければならない旨を通知しなければならない。

つまり、履行しないのが発起人の場合には「催告されると言う猶予(いきなり失権はしない)がある」のに、ただの引受人の場合は遅れたら即アウトってのの対比です

質問した人からのコメント

2016/5/7 23:34:14

いつもありがとうございますm(_ _)m
本当に助かります(^ ^)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる