ここから本文です

民法の相殺について。「弁済期未到来の債権を自動債権として相殺することを許せば...

meg********さん

2016/5/622:38:27

民法の相殺について。「弁済期未到来の債権を自動債権として相殺することを許せば、履行の強制を許すことになり、相手方は理由なく期限の利益を失ってしまうことになる」
これがよくわかりませ

ん。なぜ履行の強制を許すことになるのか、かみ砕いて教えていただけますか?

閲覧数:
608
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac********さん

2016/5/712:32:06

相殺と言うのは、言ってみればお互いに債務を履行するのと同じことです。

では、自働債権(相手にとっての債務)の弁済期未到来なのに、お互いに債務を履行しようね、と言われたらどうなると思います?
まだ弁済期来てないな、だから債務履行の必要がないな、と思ってた相手方にしてみれば、現段階で債務の履行をさせられるのと同じことですよね。

それだけの話です。

質問した人からのコメント

2016/5/13 13:55:20

わかりやすいご説明ありがとうございました。自分の債権=相手の債務、だからなんですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fre********さん

2016/5/711:35:36

弁済期未到来の債権は、相殺の相手方からしたら
弁済期未到来の債務、だから。

で、相殺は一方的意思表示で成立する行為だから、
一方的に弁済期が到来していない債務を弁済させるのと
同様の効果が生じてしまうわけ。

bam********さん

2016/5/623:31:10

じゃAとBにしましょうか

AとBは仲良くお金を貸しあってます

AはBにお金を貸しました
弁済期は本年7月31日です

ところが実はBもAにお金を貸してました
弁済期は今日、5月6日です

そこでBはAに「お金返してよ!」と言うとAは
「何言ってんだ、俺だってオマエに金貸してるだろ、それと相殺だ!」
これでは期限の利益の無くなるBにとっては不当ですよね

じゃ逆に今日お金を返して貰えるはずだったBから相殺を申し出たらどうでしょうか
B「ほんとは今日お金返して欲しいけど7月31日までの約束のと相殺ね」

この場合、相殺は弁済したのと同じですから本当はBは7月31日まで借りていられたのに
「先に自ら期限の利益を放棄して弁済した」事になります

『の弁済期未到来の債権を自動債権として相殺することを許せば、履行の強制を許すことになり、相手方は理由なく期限の利益を失ってしまうことになる』
の履行の強制は前者の例で相殺は弁済の履行と同じなんです
まだお金を借りていられたはずのBはたまりませんよね

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる