ここから本文です

ウエスタンブロッティング法に関してです。 下記の英語を日本語に翻訳していただ...

stu********さん

2016/5/818:24:16

ウエスタンブロッティング法に関してです。
下記の英語を日本語に翻訳していただきたいです。
Protein lysates from whole brain, spinal cord, or muscle tissue were prepared as previousl

y described (Sopher et al., 2004). We loaded 50 μg of homogenized proteins per lane, and after running 3–8% Tris-Acetate gels (Invitrogen), samples were transferred to PVDF membranes (Millipore), which were blocked in 5% milk in PBS at RT for 1 hr. Membranes were incubated with an anti-AR antibody (H280, sc-13062; AR441, Abcam) or beta-actin (ab8226, Abcam) in PBS-T with 3% BSA at 4°C overnight. The primary antibody was visualized with horseradish-peroxidase conjugated anti-rabbit or anti-mouse IgG (Santa Cruz) at 1:5,000 dilution and Enhanced Chemiluminescence (Amersham). Densitometry analysis for human and mouse AR protein quantification was performed using the NIH ImageJ software application, and normalized to β-actin signal intensity.

閲覧数:
87
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ky0********さん

2016/5/920:34:42

全部の脳、脊髄または筋組織からのタンパク質溶解物は、previouslとして準備されました

記述される(律法学者ほか、2004)y。
我々は、1車線につき均質化タンパク質の50のμgをロードしました、そして、3–8%のトリス-Acetateゲル類(インビトロゲン)を走らせた後に、サンプルはPVDF膜(ミリポア)に転写されました。そして、それは1時間RTでPBSで5%のミルクで妨げられました。Membranesは、反AR抗体で暖められました(H280、sc-13062;
AR441、Abcam)または3%のBSAが一晩中4°CにあるPBS-Tの中のβアクチン(ab8226、Abcam)。
主要な抗体は、1:5、000希釈剤と化学発光用酸化液 -アマシャム)でホースラディッシュペルオキシダーゼ結合反ウサギまたは抗マウスIgG(サンタクルス)で視覚化されました。
人間のおよびマウスARタンパク質定量化のためのデンシトメトリー分析は、NIH ImageJソフトウェア・アプリケーションを使用して実行されて、β-アクチン信号強さに正常化しました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる