ここから本文です

81歳の母が昨年5月に膵体部癌とわかり、 8月からは抗がん剤治療もおこなわず10月...

himawari_conさん

2016/5/1208:25:55

81歳の母が昨年5月に膵体部癌とわかり、
8月からは抗がん剤治療もおこなわず10月から緩和ケアとなっています。
他臓器への転移はありませんが、
腹膜播種があります。

ステロイド(デカドロン)服用7ヶ月になりますが、
最近は倦怠感を訴えるようになり、
また低活動型せん妄の症状も見られるようになりました。
体調の好不調は日によって違いますが、
1日中眠ってばかりいる日もあります。
とにかく眠いと言います。
しかし食欲はあります。
お腹が出てきておりますが、
これがステロイドの副作用なのか腹水なのかの判断が難しいと言われています。
お腹が日に日に出てきていますし、
仰向けで寝るより、横を向いた方がラクと言っています。

一昨日、あまりにも眠っているので、緩和病棟に入院させました。
血液検査の結果、TP 5.3、アルブミン 3.1、CRP 5.9で、
悪液質により、あまり長くはないと話がありました。
肝機能の数値は正常です。
痛みはコントロールできているようで、
レスキューのイーフェンバッカルも1日2回ほどの服用ですんでいるようです。


1月にもこれと似た血液検査の数値となりましたが、
その後持ち直しました。
ただその時は、痛みが強くなり食欲がありませんでしたが、
今回はまだ食欲があります。

悪液質は頭の機能の低下をもたらし、
せん妄や傾眠もそのためと聞きました。

これらの症状や血液検査の数値から、
やはり余命は短いのでしょうか。
先生は週単位と考えていらっしゃるように見受けます。

悪液質,ステロイド,血液検査,イーフェンバッカル,CRP 5.9,はり余命,週単位

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
625
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ganiosan413さん

リクエストマッチ

2016/5/1208:55:35

>やはり余命は短いのでしょうか。
先生は週単位と考えていらっしゃるように見受けます。
残念なことですが
おっしゃられている通りの印象です。
突然悪化し急変されることも多い状態だとも推測される所です。
孝行してあげてください。
おだいじに。

  • 質問者

    himawari_conさん

    2016/5/1310:47:57

    ありがとうございます。
    やはりそうですか・・・

    病院食はすべてたいらげ、食欲はまだ衰えていませんが、
    傾眠傾向はやはりあり、
    昨日は寝ている事が多かったように思います。
    血糖は高いのですが、好きなものを食べさせてあげようと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。