ここから本文です

減価償却について質問です。

アバター

ID非公開さん

2016/5/1220:13:02

減価償却について質問です。

物品の取得のために掛かった費用のすべてを一回で費用とするのではなく、収益を得るために利用した期間に応じて費用計上することが、企業会計にとって望ましいものと考える費用収益対応の原則の考え方を実現するため。


この文章をわかりやすくお願い致します……

閲覧数:
68
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

aka********さん

2016/5/1220:59:55

費用収益対応の原則とは、ある会計期間に発生した費用のうち、その会計期間の収益獲得に貢献した部分だけをその期の期間費用として認識・測定するという期間費用を決定する役割を担った会計原則です。

企業の業績を正しく捉えるには、企業活動を反映した捉え方をしなければなりません。
企業は、経済的犠牲と経済的成果によって利益を生み出す組織であるから、このような組織の活動を反映させるには、企業の期間損益を両者の因果関係に即して計算する必要があります。
そこで、費用収益対応の原則に基づいて企業の期間損益を計算することが要請されるのです。

固定資産などは、取得した年度に限らず、永く経営資源として関与する事に成ります。
このために、一度に償却するのではなく、関与する年数で按分(耐用年数として税法で規定)します。

償却方法としては、定率法と、定額法などが有ります。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2016/5/1313:01:37

    ありがとうございます!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2016/5/13 13:02:10

ありがとうございます!

「減価償却とは わかりやすく」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

uzg********さん

2016/5/1300:15:46

「物品の取得のために掛かった費用のすべてを一回で費用とするのではなく、収益を得るために利用した期間に応じて費用計上することが、企業会計にとって望ましい」までが、「費用収益対応の原則」の説明です。

固定資産は、収益を得るために稼働させるものです。減価償却は、固定資産の取得のためにかかった費用を、固定資産の利用期間つまりは「収益を得るために利用した期間」に分割して費用計上していきます。こうすることで、費用収益対応の原則に見合った処理となり、費用収益対応の原則の考え方を実現しています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる