ここから本文です

一般論で教えてください。 DCの運用先選択で、国内債権なんですが、マイナス金利...

アバター

ID非公開さん

2016/5/2212:11:58

一般論で教えてください。
DCの運用先選択で、国内債権なんですが、マイナス金利下では、運用が不利になるのでしょうか?

債権って、個人向け国債みたいに、予め利回りが経済情勢で設定され

ているイメージがあり、株式みたいに安い時に投資して、高くったら益がでるみたいな仕組みじゃないと思っていますが、債権も株式みたいに運用されるものなのですか?

乱文で申し訳ないですが、教えてください。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,549
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yc_masaogawaさん

2016/5/2515:13:28

国内債券ファンド(投資信託)と個人向け国債は特徴が異なります。
個人向け国債の方が特殊なケースで、一般的な債券は満期前には金利変動リスクや信用リスク等によって価格が変動します。そのような債券を組み入れている投資信託も、同様に価格が変動します。

金利が低下しますと、債券価格は上昇します(金利下上昇しますと、債券価格は下落します)。マイナス金利は国内債券にとっては好材料です。投資信託の基準価額も上がっているはずです。
今後、マイナス金利が進行(金利が低下)しますと国内債券ファンド(投資信託)の基準価額は更に上昇すると思います。逆に、金利が上昇した際には国内債券ファンドの基準価額は下がります。

債券ですのでクーポン(利金)がありますが利率が非常に低いため、投資信託の信託報酬(費用)にも負けている可能性もあります。

国内債券ファンドも価格が変動しますので安全資産とは言えません。保守的な資産については元本確保型商品(定期預金など)を活用した方が無難だと思います。

以上、お役立ていただければ幸いです。

アバター

質問した人からのコメント

2016/5/26 20:13:52

回答いただきました方々、ありがとうございます。

運用益を考えるなら信託報酬が低いやつを選ぶのが無難ですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yama_roadmanさん

2016/5/2213:36:16

債券でも安い時に買って高い時に売れば儲かりますよ。
金利が下がったからといってただちに損をするというわけではなく
債券にも値上がり益というのがありますから、需要があると値上がりして儲けが出ます。
日本の国債は今のところ金融緩和政策により、最終的には日銀が高値で買ってくれることになっていますので、金利面ではマイナスでも需要があるために価格は高騰した状態になっています。
ただマイナス金利というのは今までになかった「異常な状態」ですので、いつかは解除される日が来るはずです。
新規発行の国債の金利が上がると、それまでに発行された低い利率の国債の価値は下がりますので、市場に出回っている国債があらかた入れ替わるまでは価格は下がったままということになります。
債券ファンドにはデュレーションという数値が公表されていて、これが金利が上昇した場合に何年間影響があるかを計算上で表したものになっています。

日銀による金融緩和が終わるとき、もしくは金利が上がるときは債券市場は大きく値下がりするでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。