ここから本文です

以下の勘定科目が決算時にある場合には 損益計算書の、どの区分に該当するので...

yak********さん

2016/5/2817:16:51

以下の勘定科目が決算時にある場合には

損益計算書の、どの区分に該当するのでしょうか?

・売上割戻引当金繰入 / 売上割戻引当金戻入
・修繕引当金繰入 / 修繕引当金戻入
・商品保証引当金繰入 / 商品保証引当金戻入
・返品調整引当金繰入 / 返品調整引当金戻入
・賞与引当金繰入 / 賞与引当金戻入

・売上債権の貸倒引当金戻入

宜しくお願いします。

補足電子記録債権売却損

閲覧数:
296
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

egd********さん

2016/5/2914:43:48

○○引当金繰入と言うのは基本的に販管費ですね。
特殊なのは、①売上割戻引当金繰入と②返品調整引当金繰入です。
①は売上高から直接控除する方法と、総売上高から控除する方法があります。
②は、売上原価から控除します。

いずれの場合も戻入については、それぞれの項目に加算します。

電子記録債権売却損については、手形売却損と同じく、営業外費用となっています。
戻入については極めてレアケースですが、大体が営業外収益です。

質問した人からのコメント

2016/5/29 15:11:59

何時も回答をありがとうございます。

知識豊富で凄いですね。尊敬いたします。

大変、勉強になりました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる