ここから本文です

炊いた白米に味噌汁や鰹節を掛けたものを「ねこまんま」と言いますが猫が食べるに...

attack_to_foolさん

2016/6/600:06:42

炊いた白米に味噌汁や鰹節を掛けたものを「ねこまんま」と言いますが猫が食べるには塩分と炭水化物の摂取過多になるため不向きです。
それなのに名称に猫と入っているのは何故でしょうか?

閲覧数:
101
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

nekonosirasuさん

2016/6/600:13:12

ご飯に鰹節→ねこまんま
ねこまんまに味噌汁かけた→いぬまんま。

昔の犬・猫は人間が食べ残した残飯を食べていた。
残飯処理班だったの( ノД`)シクシク…
昔は専用のフード売ってなかったから寿命も短い。

質問した人からのコメント

2016/6/6 06:37:49

味噌汁か鰹節かによって呼び名が変わるんですね。
「いぬまんま」なんて初耳です。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

2016/6/600:35:01

犬まんまって聞いたことなかった(^◇^;)
昔は猫のことって身近な存在であるのによく知られてなかった。
とにかく食べたらそれでヨシとする考え方からご飯だけでは食べない→鰹節、味噌汁。
たべた(≧∇≦*)

だから猫にはご飯に鰹節や味噌汁がかけられてた。
でもこれではタウリンが不足する。
そのため猫はご飯は食べるけどタウリン不足を補うのにネズミを捕獲して食べていた。

猫と人間の共存が 食料難の時代にもかかわらずうまくマッチしていたから大切に飼われていたと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。