ここから本文です

鉄骨のT型梁の許容曲げ応力度で悩んでいます。 片持ち梁でつかうと、H型鋼の圧縮...

アバター

ID非公開さん

2016/6/1119:24:35

鉄骨のT型梁の許容曲げ応力度で悩んでいます。
片持ち梁でつかうと、H型鋼の圧縮側のフランジが無い状態なので大きく低減されると思うのですが。
考えかたを教えていただけないでしょうか。

補足幅厚比の制限で板の曲部座屈を抑えるのはわかりました。その上で、許容応力度の計算式はどれを使うのか、教えていただけないでしょうか。

閲覧数:
672
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

apz********さん

2016/6/1211:22:22

T型鋼の許容曲げ応力度
鋼構造設計規準に基づいて、(低減された)圧縮用有効断面係数があります。

T型鋼の許容曲げ応力度
鋼構造設計規準に基づいて、(低減された)圧縮用有効断面係数があります。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2016/6/1320:10:06

    ご回答ありがとうございます。幅厚比を制限して曲部座屈しない断面なら、普通の許容応力度を使えばよいってことでしょうか。自分でももっと資料探して勉強しようとおもいます。

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2016/6/15 17:37:53

何度もご回答ありがとうございました。
結局、普通の式はH鋼用なのでT型のような特殊な場合は使えそうになく、横座屈のモーメントそのものを計算してチェックするしかないみたいです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

ozi********さん

2016/6/1121:22:44

そりゃそうですよね、、、天地逆にして納まりませんか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる