ここから本文です

バイクレースに強いホンダは安い車種を多く生産しています。 四輪のF1で強いフ...

アバター

ID非公開さん

2016/6/1402:02:08

バイクレースに強いホンダは安い車種を多く生産しています。

四輪のF1で強いフェラーリは高級車専門メーカーを続けています。

日本の大手四輪、二輪メーカーは全て大量生産のスタンスなのは何故ですか?

補足素晴らしい回答者様が一名いてくれて感謝しています。

その他の方々も良く見習って素直に現実を理解できる人が増えればバイク乗りは偏差値が低いなんて言われずに済みますから。

閲覧数:
236
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aji********さん

2016/6/1403:58:36

基本的には車もバイクもできたのは欧米であり、日本は戦後、欧米で発明された車を作る国として経済発展を遂げてきた要素があるでしょう。
今でこそ、日本車は高い信頼性を武器に、ある意味では一つの認められたブランドだとは思いますが、高級車ともなると、製品の技術や品質とは違う価値が求められるのは事実でしょう。
高級ブランドとして地位を築いているものは、イメージで飯を食っていると言っても過言ではありません。
しかし、そのイメージを築くのは中々難しい。
イメージを築く為には、例えば会社の歴史であったり、革新的な技術の先駆者であったり、レースでの栄光の歴史であったり色々な要素が有るとは思いますが、高級車というイメージを築く為には、大衆的というイメージは間違いなく足かせになります。
日本はそもそもが、戦後これから経済発展していくと車は人々に普及していって、需要が高まるだろうからそれに乗って作っていこうという様な考えで車を作っていますから、一部の金持ちの為に車を作ろうという発想でも、レースで勝つことを目指していたわけでもない。
そもそもが大衆的な車を作るメーカーとしてきた会社が高級車をぽっと作ったとしても、それこそ、クラウンみたいな大衆車の延長線上の車になってしまうのは仕方がありません。

現在の世界で考えてみれば、例えば中国です。
中国はPCの部品等、今や日本に変わって世界の工場というような地位に有ると思いますが、例えば大量に生産している中国のメーカーが高級ブランドを発表した所でそれに飛びつく金持ちは少ないでしょう。
イメージはメーカーのみならず国にも付きまとってきますからね。
日本人だって中国産は信用出来ないって人はかなり多いでしょう。
それと日本の車メーカーは同じだと考えていいと思います。
もちろん、日本車は信頼性という意味では疑う人はもう少ないと思いますが、高級なイメージというものからはかけ離れていると思います。
そういうイメージを手に入れたければその努力をしなければなりません。
信頼性だけでブランドをしっかり確立しないと後発メーカーに持ってかれる可能性がある事は車メーカーも分かっていますからレクサスみたいなイメージを重視したブランドを作ったりもしているわけです。
こういうのはちょっとダメでもへこたれず作り続け、コツコツイメージを作っていくことしか無いかもしれませんからね。
中国の会社が、昔一世を風靡していて今は没落したブランドを買収したりするのは、そのイメージを手っ取り早く手にしたいという理由に他なりません。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nur********さん

2016/6/1506:18:23

企業の発展の背景には、その国の社会環境と歴史というものがあります。

それは経済、政治(法制度)、文化、基礎科学とそれらの歴史的な経緯といったものなのですが、
今回の問題の場合は、経済と文化の影響が大きいですね。

経済でいえばヨーロッパには、昔から富裕層(貴族や資本家)と言われる人達が存在していて、庶民とは別次元の生活と道楽をしています。
そして文化面では、モータースポーツが昔から盛んに行われていました。
なので、ヨーロッパにはフェラーリのような、使えない超高級スポーツカーを道楽だけで求める購買層が昔から存在しているわけです。
需要があるなら、それを製作する企業が発展できるという事になります。

対して日本は、特に戦後に経済は大きく発展しましたが、富の分配はヨーロッパに比較して平等に進められて来ました。
ですので、現在でも「10億ドル以上の資産を持つ富豪」というのは国の経済規模に対して国際的にかなり少ない方です。(バブル期はちょっと例外でしたけど)
そして文化面では、モータースポーツが認知されるようになったのは20世紀の後半からで、それまではかなり冷遇されていたようです。
そういう社会環境では、トヨタやホンダのような大衆車メーカーが発展する余地は十分にありましたが、フェラーリのような企業が発展するのは困難だったのです。

企業としての出自がどういうものであろうと、技術があって資金が調達できればレースには参加できるので、参加しているというわけです。


おべんきょーになりましたね。

jmy********さん

2016/6/1502:50:19

質問主旨は理解したつもりで書きますと、「自主規制」の単語を抜きにしてこの話は成立しないものと考えます。

消費者たる国民性の違いがメーカーの販売戦略に影響しているのではないかと考えます。

ドローンが飛ばすと予告されたら祭りを中止する日本と、毎年死者が出ても牛追い祭りをやめない国民性とでも言いましょうか。

日本では、「バイク=暴走族=迷惑=悪者」というイメージ図式がありますので、昨今の事情背景を鑑みると「バイク=速い」ではなくて「バイク=環境にも悪くない」という基本コンセプトが暗黙のルールと言いましょうか、昔から続く国政からの圧力に他する答えとしての「自主規制」という慣習です。

最近では珍しくホンダも「RC213V‐S」を販売しましたがこれも自主規制の塊でした。でも大量生産とは真逆の活動だといえるので個人的には少しの評価はしています。

ホンダは過去にCBX1000の6気筒やCX500・650TURBO、レース専用コンプリートマシンの販売などを考慮すると、まだ他車よりは革新的なメーカーと私は高く評価しています。

トヨタのレクサスがフェラーリ路線の周到なのだと思いますが、私はブランドストーリーのないブランディングは大成功するとは思えません。

フィアットとフェラーリの関係を考えると、トヨタとTRD、ニッサンとニスモ、ホンダと無限、ホンダとHRCになると考えられます。
それならばフェラーリとHRCで比較されたらいいのかと思いましたよ。

haz********さん

2016/6/1414:34:31

フェラーリが大量生産じゃないって思ってる理由は何?

普通に同じ型のクルマいっぱい売ってるよ?試しに一個注文してみ?他の人と全く同じ車が来るから。

yby********さん

2016/6/1408:38:08

生まれが違うから、貴族と、庶民の違いです。
フェラーリは高級車じゃなくて、レーシングカーです。

suo********さん

2016/6/1408:33:19

フェラーリはその手法で
倒産寸前までいって、フィアットに買収され
フィアットというメーカーの1ブランドに
なっているわけですが・・・。

あなたが知らないだけで。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる