ここから本文です

法律の問題について質問です。 宅地建物取引業法に関する次の記述のうち、正し...

bfstq463さん

2016/6/2519:47:46

法律の問題について質問です。

宅地建物取引業法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A. 宅地建物取引業の免許の有効期間は3年であり、免許の更新の申請をする場合、その有効期間満了の日の90日前から30日前までの間に行わなければならない。

B. 国土交通大臣から建設業の許可を受けているA社が、支店のみで建築請負契約に付帯して宅地の売買のあっせんを不特定かつ多数の者に行おうとする場合、免許を受ける必要はない。

C. 宅地建物取引業者B社(甲県知事免許)の役員が住所を変更した場合、B社は、その旨を遅滞なく甲県知事に届け出なければならない。

D. 国土交通大臣の免許を受けている宅地建物取引業者C社と甲県知事の免許を受けている宅地建物取引業者D社が合併し、D社が消滅した場合、D社を代表する役員であった者は、その旨を甲県知事に届け出なければならない。

閲覧数:
74
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pippi5557さん

2016/6/2520:07:58

Dが◯

A 5年
B 建設業の許可関係なし
C 住所は届出不要

質問した人からのコメント

2016/6/25 20:15:17

ありがとうございます。

「国土交通大臣」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。