ここから本文です

高校留学で2年の夏から10ヶ月アメリカ留学する予定の、現在高校1年です。 将来...

kariuddoさん

2016/7/421:05:33

高校留学で2年の夏から10ヶ月アメリカ留学する予定の、現在高校1年です。
将来は基礎医学を学びたいので、留学後の進路に悩んでいるのですが、
①アメリカの大学(イエールやハーバードなど

のスカラシップの充実している名門)を目指す場合に必要な学力、英語力は、どの程度ですか?
またそれは10ヶ月の努力でどうにかなり得ますか?
また、日本人が留学するのに良い、基礎医学が学べるアメリカの大学を教えて下さい。
②国立医大の公募推薦を受けたいと思う場合、必要になる学力は度の程度ですか?(成績には自信があります。)
またそれは、帰国後6ヶ月でまかなえますか?
③日本の国立医学部を目指すとしたら、休学扱いがベストでしょうか?

補足ですが現在の英語力は英検2級程度
学力は県トップ高校(偏差値70程度)で上位2割(理数科目は上位5%)程度です。

①~③全てに答えていただけると嬉しいですが、どれかひとつだけでも結構です。
回答宜しくお願いします。

補足AFSの交換留学を利用します
②日本のです
質問文分かりにくくて大変申し訳ございません。

閲覧数:
395
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2016/7/502:20:55

① ハーバードなどの有名大を志望する高校生は、SATはほぼ満点、内申はA+であり、APと呼ばれる大学レベルの授業を高2高3の段階で受講しています。また、子どものころから、生徒会長やクラブの部長、ボランティア活動などを積極的にやって、推薦状をかき集めているのです。だから、いまから準備するのでは遅いと思われます。

ハーバードやイェールは、留学生にも学費免除の奨学金を出すようになってから、世界中から優等生が押し寄せるようになりました。当然のことながら、成績はオールA、TOEFLは満点、推薦状もバッチリで、母国でトップレベルの子どもたちばかりです。つまり、合格しようと思ったら、アメリカの優秀な高校生および全世界の優等生を相手にしなければならないのです。

そして、交換留学生は「お客さん」です。アメリカの大学受験とは別の扱いでしょう。それも、派遣先は公立高校であり、どんなレベルの高校に派遣されるかは判りません。田舎の高校やレベルの低い高校には、ハーバードなんて雲の上の話という教師や高校生がゴロゴロいますよ。有名大へ入学する学生は、プレップ・スクールと呼ばれる中高一貫教育の私立進学校で、親・教師一丸の応援を受けて勉強に専念してきた子どもがやはり多いです。

だから、ハーバードへ行きたければ、日本でSATやボランティアなどの受験対策をしっかりやってた方がまだ可能性があったと思われます。

まず、SATかACTを受けてください。それも、1回で満点近くを取らないといけません。理系は簡単に満点が取れますが、文系の方は日本人にはきついです。また、SATは日本で受験できる回数と試験会場が少なく、早めの予約が必須です。
TOEFLも必須です。こちらも満点近くが必要でしょう。
ボランティア活動もやってください。それも意義のあるアピールできるものでないといけません。

⓶ 日本の事情は判りません。

⓷ 抜けた分(高2後半~高3前半の授業)を帰国後の半年で追いつけるのであれば、現役で受験できるでしょう。休学して高2をやり直すか、浪人覚悟で現役で受験するかは、ご自分で判断してください。もし浪人するなら、さっさと卒業して大学予備校で受験対策をする方が、高校の余分な授業や行事がないので効率的である、という考え方もあります。

アメリカで基礎医学を学ぶなら、医学部に行く必要はありません。
アメリカの医学部は、大学を卒業してから進学する6年の医学大学院であり、膨大な費用が必要になりますし、卒業しても外国人がアメリカで医師として働くのは、ビザの関係で難しいからです。

研究者として働きたいなら、レベルの高いBiologyのPhDコースはアメリカにたくさんありますよ。これらの理系の大半の大学院が学費免除の奨学金をもっています。

だから、日本で理学部などを卒業してアメリカの大学院へ留学するか、日本で医学部を卒業して研究室に残り、PhDを取得してから医学留学するかすればいいと思います。

質問した人からのコメント

2016/7/5 07:53:50

みなさんの詳細な説明に大変感謝しています。
BAには、研究者として働くための進路を教えてくださったmilky_way_2222さんを選びました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2016/7/500:03:26

高2からアメリカに行くというのは、名門校を受験するには、ちょっと遅いです。名門大を目指す生徒は、もうすでに受験体制に入っているからです。
高3の夏から出願が始まり、多くは年内に、遅いところでも1月には出願を済ませます。

名門大学の出願には、GPAが一番大事です。英検2級というのは、アメリカでは小学校1、2年生程度の英語力です。ここから高校に入ってすぐにクラスでAまたはA+が取れるかというと、どうでしょうか。理数系は取れると思いますが、社会学などのクラスは難しいと思われます。
また、Aを取るだけではなく、そもそもAPのクラスというのを大量に取っておかなければなりません。APというのは、大学レベルのクラスです。
名門大に出願するには、A-以下がひとつでもあると、普通は合格できません。AマイナスはGPAで4.0と換算されません。

それから、高2の間にSATやACTの試験を受けておきます。
まずはSATとACTのサンプルテストを受けてみましょう。名門大を目指すなら、一回でほぼ満点が求められます。日本人で理数系で満点を取る人は多いですが、英語のほうで満点というのは、帰国子女やインターナショナルスクール育ちでないと難しいと思います。また、帰国子女やインター育ちの生徒達は英検一級やTOEFL満点などは小、中学生の頃に取っているものです。そういう生徒が日本には大勢いて、名門大の奨学金を狙っているので、まずはその人達のレベルに追いつき追い越すことが大事です。

アメリカの大学受験というのは、その他、スポーツ、音楽、生徒会、ボランティアなどの活躍歴も重視されます。ただ参加していたというレベルではダメで、何かのスポーツで記録を残すか、音楽系なら有名な国際コンクールで入賞するか、そういった証明できるものが大事です。

高2の夏からアメリカの高校に入った場合、すでに生徒会も前年度末に決まっていますから、不利です。ボランティアも、ただ規定の80時間なり100時間なりをこなせば良いというわけではなく、自らが始めた活動が数年間かけてどれだけの成果を出せたか、くらいのことを見せないとなりません。

つまり、アメリカの大学受験というのは、高校から始めれば良いというわけではなく、子供の頃から、親子で、積み重ねてくるものなのです。(稽古ごとをやらせたり、ボランティアの基盤をつくってあげるなど、親の協力も重要です。)

メディカルスクールを目指すなら、大学ランキングは検索すれば出てきます。ご存知かもしれませんが、メディカルスクールに行くには、年間1000万円は軽く必要です。四年制大学で、年間600万円から800万円はかかります。

今から準備するのであれば、英検やTOEFLなど、外国人向けの英語のレベルなどと言わず、アメリカの高校生が読んでいる教科書や本をどんどん読んでいきましょう。
それが追いつかないようなら、日本で国立医大に行って、そこから留学するのがベストではないでしょうか。

プロフィール画像

カテゴリマスター

yctanakausaさん

2016/7/423:47:55

在米です。まずアメリカでは高校も義務教育で、留学生は公立校には入れません。私立の寮制隣かなりの学費が必要です。g高校生では語学留学は出来ないという事です。
1.アメリカ人近くの英語力が必要です。奨学金は期待しないほうが良いです。

2.アメリカに歯国立大学はありません。又医学部は大学院に成りますからまず4年制大学に行かねばなりません。

3.日本の医学部に関して知りません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。