ここから本文です

剣道についての質問です。剣道の指導者(経験者)の方にアドバイスお願いいたします...

mayuchanryouchanさん

2016/7/1207:29:55

剣道についての質問です。剣道の指導者(経験者)の方にアドバイスお願いいたします。打突できる距離(一足一刀)に相手が入ってきたら、即打突するべきでしょうか?特に同レベルの人と稽古している時には、お互いに打突

の機会をなかなか見つけられず、ずっと一足一刀の距離でいて、お互いに拉致があかない状態になることがよくあります。先生には相手の構えを崩しながら打突の機会を見つけなさいと指導を受けておりますが、何か他の先生の方にもアドバイスお願いできたらと思いますのでよろしくお願いいたします。

閲覧数:
58
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

marunage35さん

2016/7/1213:50:52

色々な先生方がおられますが、私の場合です。

まず、打ち間に相手が入ってきた場合、こちらの行動はおおまかに
1居付く
2下がる
3攻める(打突する)
こう分類されます。

そういう所で、「どう動いたから相手は動いたのか」を常日頃考えるべきですね。

例えば。(ほんの一例ですが)
相手が打ち間に攻め入ってきたら、
1自分がが居付いた場合、中心を取られ面を打たれる。
2自分がやや後ろに下がり剣先を上に上げて防御に入ったら小手を打たれる。
3すかさず面に飛んで、返し胴を打たれる。

これを相手から見ると
1の場合、貴方は打てる体勢でなかったため、攻め勝ったと思って打ってきた。
2は剣先を上に上げたので返し技を狙っていると思われ、小手に飛び込んできた。
3貴方は面に行こうと手元が上がり気味で、打ち間に入ったら即座に打ってくると用意していた。

このように、相手と自分の動きを整理すると、色々判ってくることがあります。
稽古では、打たれる事を恐れないで、自分から動くこと。

自分が攻めて相手が居付いている場合、更に半歩攻め込んで、相手の動きをみるのも一つの手です。
慌てて面にくるのか、小手で間合いを潰しに来るのか。
そこで、どのような行動をすれば一番効果的か答えが出てくると思います。
まだ居付くようなら、打ち間に入って小さい面で飛び込んでも大丈夫、とかですね。

質問した人からのコメント

2016/7/19 20:40:26

1、2、3と例を挙げていただきまして、ひとつひとつ詳細を解説していただきまして大変役立つご回答ありがとうございます。このように知恵袋を通じてアドバイスいただくことは、実際に稽古を行う以上に効果があると思います。何卒今後ともよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tttttt_itoさん

2016/7/1514:01:16

間合いの考え方は難しいし奥が深いです。
剣道の本質がここにあると言っても過言ではありません。

一番理想とされるのは、遠間から一歩入って一足一刀の間に
移る間に相手を攻め崩すことです。
例えば小手を攻めて手元が上がったところを裏から突きとかですね。

この「攻め」が効かず相手が崩れていないところに打っていっても容易に防がれるし、
相手が上位者の場合応じ技や出端技の餌食になってしまいます。

「攻め」とは端的に言うと相手の心の動揺を誘い、竹刀と身体を動かさせるということです。
だからこの「攻め」がさらに上達すると、あなたが竹刀を下げて手元を攻める→相手はそれに反応して面を打つ→
あなたが楽々と出端小手、抜き胴、返し胴等を決める というようなことができるようになります。

剣道の高段者が体力に勝る若者と互角に稽古できるのは経験的にこの「攻め」のバリエーションを豊富にインプットしてるからです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2016/7/1212:41:16

相手が入って来ても、自分の気合いや体が不十分なら打ちません。
自分から入って行く時には、抑え、払い等を入れたり、担ぎ技をして相手のタイミングをずらしたりします。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。