ここから本文です

社会保険の傷病手当金について、詳しい方よろしくお願いします。

fir********さん

2016/7/1221:57:46

社会保険の傷病手当金について、詳しい方よろしくお願いします。

持病のため最短で2週間ほど(1週間入院+自宅療養。オペの方法によっては長引く可能性もある)の休職が必要になりました。
直接命に関わるようなものではないので、時期はこちらの都合で良いと言われています。

年末年始の長期休暇(公休)が9日あるので、そこに足りない日数を足して休みをいただこうかと考えています。
そこで傷病手当について検索してみたところ、公休の日であっても支給対象になるとのことですが、
例えば労務不能な期間が全部で14日間あったとすると、最初の3日間の待機を引いた、11日分が支給されるという事でいいのでしょうか?

支給の条件として『給与の支払いがないこと』とあるのが良く分からないのですが、
今回は元々ある長期休暇を利用するため、実際に会社を欠勤するのは5日間となり、日給月給ですので基本給から5日分を差し引いた給与が支払われるかと思います。

この場合は、給与があると見なされるのでしょうか?
それとも、対象期間中のみの1日単位で考え、公休=給与の支払いなし。欠勤=給与の支払いなし。と考えて支給されるのでしょうか。

こんがらがっております。
よろしくお願いします。

閲覧数:
169
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

yuk********さん

2016/7/1222:21:01

>対象期間中のみの1日単位で考え、公休=給与の支払いなし。欠勤=給与の支払いなし。と考えて支給されるのでしょうか。

上記の通りです。
ただし医師に労務不能だったと証明されないと支給されません。
医師によく確認して下さい。

あと気になったのですが…。
健康保険には月の限度額があり、健康保険適用分で限度額を超えた分は後から返ってきます。
入院で手術なら高額になるかもしれませんが限度額適用認定証をあらかじめ出せば、最初から限度額までの請求になります。
入院を月またぎにしてしまうと、損をしてしまう可能性があります。
その点はご注意下さい。

質問した人からのコメント

2016/7/17 00:58:55

なるほど。年内に入院からオペ、退院まで済ませたほうが、一度の限度額の支払いで済むということですね。
とても参考になりました、ありがとうございます!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

せっかくの機会が台無しです

みんなのアンテナ

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる