ここから本文です

磯釣りで使うピトンの太さについて 竿受けを付けるためのピトンです。 (道具...

miz********さん

2016/7/1421:30:26

磯釣りで使うピトンの太さについて

竿受けを付けるためのピトンです。
(道具が流されないように引っ掛けるチャランボではありません。


相手は大きなもので、タマン・GT・ハタ科の魚・外道でサメ・・・

太さが色々あって、どれを使えば良いか分かりません。
当然、大物または、ピトンの長さが長いほど、強度が必要なのは想像できます。

長さは300ミリで使います。
材質は、ソリッド材のSUS304相当、64チタン相当で、それぞれ何φあれば良いか教えてください。
(多分チタンのほうが軽くて曲げ強度に強いですよね?)
崖下りもあるのでできれば無駄に重たくしたくありません。

閲覧数:
471
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hid********さん

2016/7/1423:30:07

ピトンの径は竿受け本体の取り付け穴に

合ったサイズじゃないと使い物になりません。

タマンなら16㎜径で充分ですが

GTやハタ系(クエ)、況してやサメを狙うのであれば

大物専用の竿受け、またはロータリーピトンじゃないと歯が立ちません。

ピトンの径は竿受け本体の取り付け穴に

合ったサイズじゃないと使い物になりません。...

質問した人からのコメント

2016/7/21 03:16:47

お二人ともありがとうございました。

自分はφ14なので、気をつけます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yam********さん

2016/7/1422:12:02

susでもtiでも強度は同じくらいです。
比重が軽いのでtiの方がいいですね。

普通の底物では、φ16もあれば十分ですが、ハタ系を狙うのならφ20ぐらいは必要でしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる