ここから本文です

ロシアの映画でカーチャという名前の女性が出てきたのですが、スペルがKATEでした。

アバター

ID非公開さん

2016/7/1616:20:32

ロシアの映画でカーチャという名前の女性が出てきたのですが、スペルがKATEでした。

ケイトと呼ばれる人もいると思いますが、ロシア語でカーチャ=英語でケイトですか?
アメリカ名がケイトということですか?

また、他のサイトで見たら
英語キャサリン=ロシア語エカテリーナ=ケイト=カーチャと書いてありました。
どういうことだかさっぱりわからなくなりました…

閲覧数:
917
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

fuk********さん

編集あり2016/7/1617:36:05

エカテリーナはカーチャです。
例えば歌で「さっちゃんはね。さちこっていうんだホントはね」っていうけれど、ロシアの名前にも「さっちゃん」みたいなのがあって、ホントはエカテリーナだけど愛称でカーチャだとか、アレクサンドルがサーシャとか、タチヤーナがターニャとかいうものがあります。
だから、エカテリーナとカーチャは同じです。
ロシア語で"Катя"と書きます。
ケイトは知りません。
とりあえずロシア語では名詞にも人の名前にも性があって、語尾が-а,-я(母音のアやィヤ)で終わるものが女性名詞と、基本的に決まっています。
特に人名は世界初の女性宇宙飛行士テレシコワさんや有名な女帝エカテリーナ2世をはじめ、一般的な名前はマリーナ、タチヤーナ、アレクサンドラ、など、女性の名前の最後の母音はアと決まっていますから、ケイトというのはロシアの女性の名前じゃありません。
中学や高校で英語の授業を受けて、外国へ行ったらサチコさんがエミリーだのビクトリアだのになりましたか?
サチコさんはサチコさん。
エカテリーナはエカテリーナ。
どこの国へ行ったって母国語の名前が基本だと思いますよ。
カーチャはケイトにならないと思います。

  • fuk********さん

    2016/7/1617:52:05

    ちなみに、ロシア人の名前には父称といって父親の名前がつきます。
    例えばエカテリーナさんのお父さんがイワンだったらエカテリーナ・イワノーブナのような。
    父称の語尾も女性の-аに倣います。
    もしも男性でアレクサンドルだったら父称の語尾は-аではなくなってアレクサンドル・イワナビチに。
    例えば「なんて美しいお嬢さんなんだ!」っていうときにはカカーヤ・クラッシーバヤ・ジェーブシュカと、単語の語尾がお嬢さんの性に合わせて全部-а,-я。
    辞書に載ってる基本形はカカーヤじゃなくてカコーイだし、クラッシーバヤじゃなくてクラッシーヴィで、語尾が女性じゃありません。
    文章でも名前でも、語尾は性を揃えるのでエカテリーナ・ケイトはありません。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cla********さん

2016/7/1616:34:06

最初の件については発音の問題では無いでしょうか。 ロシアではKATEと書いてカーチャと読み、英語ではケイトと読むなど。
後者については愛称のことだと思います。 一般的に欧米の人が名前を呼ぶときは母音が2個以内が言いやすいのでそれに合わせて愛称をつけるのです。 ですから catherine→cateとなったりするのです。
同様にmichel→mikeとなったりします。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる