ここから本文です

多和田葉子の小説で、海面が陽光を受けて輝いているのを「幾千もの三角の手鏡」と...

gar********さん

2016/7/2320:00:01

多和田葉子の小説で、海面が陽光を受けて輝いているのを「幾千もの三角の手鏡」というような言葉で表現していた一節がありました。

小説のタイトルを失念してしまったのですが、どなたかピンと来る方はいらっしゃいませんか。

閲覧数:
60
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ねろりさん

2016/7/2322:39:03

まあそれははっきり言うと、そんなに繊細な感性が現れた表現というほどでもないと思いますね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる