ここから本文です

田舎で 小さい診療所を経営しています。 先日、医療上のトラブルがあり、患者さ...

tom********さん

2016/8/411:36:57

田舎で 小さい診療所を経営しています。

先日、医療上のトラブルがあり、患者さん家族と「医療裁判」に発展しそうです。

今後の動向では、 「廃院」も検討しなければいけませんでしょうか?

補足医療上のトラブルとは 生死にかかわることです

医療に携わる者ととして、考えてしまいます
廃院 閉院も選択肢の一つか このまま じっくり初心に戻り継続すべきなのか?

閲覧数:
236
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

afd********さん

2016/8/612:29:38

病院側で何度も協力させていただいております。

患者や患者家族への連絡など、論外です。

絶対にお止め下さい。

医師会に相談すべきでしょう。

医師会に相談すれば、案件により、さらにどこに報告連絡相談すべきなのか、詳細な説明がなされると思います。

予め先手を打って、マスコミにリークするということも有り得ます。

konkatsu_catさんの例にあるように、通常、病院側が負けることはありません。

医師が、負けるかも・・・とつぶやいた案件で、そのようになったことは存じ上げません。

どっしり構えて、今まで通り病院経営をお続けください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yet********さん

2016/8/613:10:33

紙カルテですか?

いずれにしても、カルテの見直しをしっかりしたほうが良いかもしれませんね。

比較的、裁判官は我々の仕事に理解がありますが、あまりにお粗末なカルテでは、ややこしくなりますからね。


ところで、konkatsu_catさん、過去の投稿を見ると、
・国立大学医学部出身
・公立病院ではない民間企業立大病院に勤務
のようですね。

多少ということは、何度か訴えられた経験があるということだと思いますが、
見事勝訴された件は、5年くらい前ではないでしょうか?

kon********さん

2016/8/611:56:00

訴えられる側の経験が多少あります。
(こちら側の主張が受け入れられました)
状況が分かりませんので、保険(医師会)に相談し
任せるのが良いかと思います。

>廃院
考える必要はありません。
「あの医者は悪い医者だから辞めてしまえ」なんて思ってる
患者はまずいないと思います。
事故の当事者も、そういうことは望んでないと思います。
謝罪や金銭なのではないでしょうか。(一般論)

ger********さん

2016/8/602:37:32

>医療上のトラブルとは 生死にかかわることです

>患者さん本人や家族から、今のところ「クレーム」はありません

本人は、クレームを言える状態なのでしょうか?

貴方が、がっちり言えない状態にしたはずでは?

>生死にかかわる、といっても最終的には、お金で解決するしかありません。相手もそれを狙っていると思います。

家族が望んでいるのはお金ではありません。

人殺しは人殺しらしく、犯罪者は犯罪者らしく裁かれることです。

家族は刑事告訴の証拠固めをしていることでしょう。

がっちり証拠を固めないと、あなた達にキ○ガイ扱い・クレーマー扱いされますから。

賠償金を払いたくないがために閉院まで考えるくらいなら、どの道、自然消滅する病院だと思います。

とっとと潰れてください。

世の中のためです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kam********さん

2016/8/600:58:05

素人ですが、医療裁判は患者側として詳しいほうです。複数の事例にいくらか関係しています。

ミスをした→遺族は不満に思っている。現時点ではそれだけ。

なんにせよ、病院側としては、通常「廃院」の選択肢や可能性は考えにくい。「廃院」するのは貴殿の勝手だが。

質問文を読む限り、ベストではないかと思える選択肢もいくつかありそうです。
でも、詳細がわからないとなんともいえない。

また、通常の病院側の証拠隠滅は日常茶飯事ですが、これは遺族を激怒させるし、僕としても、やってほしくない。

> 「変な噂」

うーん。どのくらい田舎か(病院が少ないか)にもよるし。
まあさ。実際、医療事件を追及する立場では、みんな廃院に追い込みたいわけですよ。でも、噂を広めようとも、ネットが書き散らそうとも、他の患者はたいてい同調しませんから、そんなことよほどでないと出来ないですよ。

> 医療保険

医師会のですね。まあ。僕としては頭にくることが多いのですが。病院側が敗訴しそうなら、そちらは免責分(100万程度)は用意しておくことにはなるでしょうけど、たぶん、貴院自身はあんましやることはないですよ。

損保は加入者の意向を考慮する。
ご自身がミスをしたと考えていて、賠償したいと思うのなら、その旨を損保に伝えるべきではないでしょうか。

実際、医者からそういう相談を受けたことがあります。完全な自分のミスだ。後遺症は重大。できるだけ賠償したいけど、どうしたらいいか、と。それが裁判になったらどうなるかなんてわかりませんよ。でも、その医者は自分の大失敗だ、少しでも患者になんとか補填したい、と考えている。この意思が大事だと思うのです。
また、病院事務長から話を聞いたこともあります。うちの病院(地域の大きめの病院)は過誤責任をどんどん認めるので保険料があがって困っていると。それだって、裁判になったらどうなるかなんか、全然わからないんですよ。でも、医師としてなんとかしてやりたい。そういう意思があるわけです。

つまり、重要なのは、貴殿は、ミスによる患者の被害に対して、どうしたいのかということだと思います。このまま何事もなく過ぎ去って欲しいというのもあるでしょう。できれば、誰にもしられたくないというのもあるでしょう。それはそれでけっこうです。それはご自由なんです。

損保は、裁判で負けそうな事件は示談にします。

しかし、まだ、遺族は動いていない。疑惑があっても、確証はないのかもしれない。
これはたとえ医師が口頭で謝っていても証拠にはならない。まあ。たいていは医師が口頭で謝ると、過誤だ賠償だと考えるものですが、法的にはそんな馬鹿な話はない。

でも、まあ。医師として説明責任は果たすべきでしょう。どんな説明をされたのかわかりませんが。それはご自身の生き方が問われることだと思います。
利益優先、自尊心優先なら優先での対処がある。嘘を言って専門用語でごまかすのもひとつ。静観もひとつの選択肢ですよね。たいていはカルテを改竄しますわ。だいたい、過誤を疑っても、動ける家族遺族はごくわずかです。

そうでなくて、患者との信頼関係ということなら、まずは説明責任を果たし、賠償は医師会損保と相談で、そこで貴殿は賠償したいのかどうか。
別にどっちだっていいんです。自由です。賠償するなら、調停や弁護士会の斡旋仲介を利用するのも手。

医療において賠償責任はもともと曖昧なものです。医療契約には努力義務しかありませんし。しかも診療所ですね。失礼だが、医療水準は低くてあたりまえ。もっとも過誤の内容にもよりますが。

モンスター患者も増えているようですが、モンスターは文句は言うけど、よう動きゃしませんよ。文句言ってみて金が出ないなら諦めるのではないでしょうか。弁護士だってつきゃしません。医療裁判なんかようやりませんって。

カルテ開示や証拠保全なんてまどろっこしいことやらせずに、カルテは全部あげればいい。これは強い信頼を獲得する場合がある。実際に全患者にカルテを配っている病院もある。
疑惑をもってそうなら、疑いを払拭するために、複写やプリントアウトするところも立ち会わせればいい。
隠したら、家族遺族は、ムッチャクチャ怒りますよ。素人ながら、ピンとくるものなんです。刺されることは稀ですが、何がなんでも訴訟を考えます。それを失敗したら、その人のキャパに合わせて復讐がはじまるでしょう。あたえまえです。

下記アドレスは知人の書いた記事です。彼女は医療制度改革の委員でもありました。専門は交通事故です。
素直に詫びれば、『無念は残るが怨念は残らない』
訴訟に発展するのは、嘘の説明やカルテ改竄を疑ったときが多い。
『最も残酷な行為は、むしろ事故そのものではなくて、それ以降の加害者の「虚言」にある』
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-bbue5h52e2wprnd4nio4...

まずはきちんと謝って、せめてもの賠償責任は専門家に相談したい、ってあたりでどうですか。
「あの先生は偉い」って逆に評判がよくなるんじゃないでしょうか。

mon********さん

2016/8/411:50:11

そういう医療過誤の保険には加入されていないのでしょうか。

医師会や学会推奨の保険があるはずで、勤務医でも

加入している医師も多いと思います。今の時代。

明らかに自分のミスか、相手の言いがかりか、判断され

前者であれば、早く謝罪し早期に解決された方がいいです。

相手の言いがかりであれば、医師会や弁護士に相談

されたら良いかと思います。

閉院の検討はそれからです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる