ここから本文です

夏草(奥の細道)の現代仮名遣いで直した文をすべて平仮名で教えてください。

アバター

ID非公開さん

2016/8/810:30:07

夏草(奥の細道)の現代仮名遣いで直した文をすべて平仮名で教えてください。

大変だと思いますが、お願いします。

閲覧数:
674
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

imp********さん

2016/8/813:30:29

三代の栄耀一睡の中にして、大門の跡は一里こなたに有。
ふじわらさんだいにわたるえいがも、いまとなってはゆめのようであり、ひらいずみのおもてもんのあとはいちりほどてまえにある。

秀衡が跡は田野に成て、金鶏山のみ形を残す。
ひでひらのやかたあとは、いまではたやのはらにかわりはて、ひでひらがつくらせたきんけいざんだけが、そのかたちをとどめている。

先、高館にのぼれば、北上川南部より流るゝ大河也。
まずは、たかだちにのぼってみたが、そこからみえるきたかみがわは、なんぶちほうからながれくるたいがである。

衣川は、和泉が城をめぐりて、高館の下にて大河に落入。
ころもがわは、いずみがじょうのまわりをながれ、たかだちのしもできたかみがわとごうりゅうしている。

泰衡等が旧跡は、衣が関を隔て、南部口をさし堅め、夷をふせぐとみえたり。
やすひらたちのやしきあとは、ころもがせきをへだてたところにあり、なんぶちほうからのでいりぐちをかためてえぞのしんにゅうをふせいだとみられる。

偖も義臣すぐつて此城にこもり、功名一時の叢となる。
それにしても、よりすぐったちゅうぎしんのあるけらいたちがたかだちにこもりこうみょうをきそったが、そうしてえられたこうみょうもいちじのゆめときえ、いまではくさがおいしげるばかりだ。

国破れて山河あり、城春にして草青みたりと、笠打敷て、時のうつるまで泪を落し侍りぬ。
とほの「くにがやぶれほろびても、やまやかわだけはむかしのままのすがたでのこっている。こうはいしたしろにもはるはめぐりくるが、くさきだけがおいしげるばかりだ」のしをおもいうかべ、かさをおいてこしをおろし、いつまでもえいがせいすいのうつろいになみだしたことであった。

http://www.bashouan.com/Database/Kikou/Okunohosomichi_29.htm

アバター

質問した人からのコメント

2016/8/14 20:00:08

ありがとうございます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる