ここから本文です

ダイターン3 は下記のようなシナリオで合っていますか?(´・ω・`)

らはいあさん

2016/8/1522:54:14

ダイターン3 は下記のようなシナリオで合っていますか?(´・ω・`)

(最後の戦いの後)
ドンザウサー(万丈父)を愛する余り、他のことを考えることができなくなった哀れなコロス(万丈母)を見て

万丈は自身も改造人間メガノイドであることを自覚しながら、メガノイドへの憎しみのあまり、仲間を危険に晒すなど周りのことを考えることができず、メガノイドのような思考になっている自分が嫌だった

(万丈邸で)
共にメガノイドと戦った仲間に、自身がメガノイドであることがばれ、仲間を悲しませることを避けたかった万丈は、仲間と別れ、本来の使命であるメガノイド打倒のため、最後に残ってしまったメガノイド(万丈)に止めをさした(仲間から死を隠したかった)

閲覧数:
117
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/8/2217:59:35

そのような解釈も可能です。
…が、せっかく富野監督が何とでも解釈できるラストを用意したのに、自分の考えたシナリオで合っているかどうか確認するなんて野暮なことだと思います。

たとえば、「破嵐万丈=メガノイド」か「破嵐万丈=人間」か?についても人によって意見が異なります。
メガノイド説では第1話で檻を引き千切ったことなどが根拠になっていますが、万丈はヒーローなんだから主人公補正でそのくらいできると考えることもできます。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1081367180

また「破嵐創造=ドン・ザウサー」とすると、
コロス「なぜ、メガノイドの原型サイボーグを開発した、あの破嵐創造の子供が、あなたの夢を壊そうとするの?」
ドン「万丈…? あの破嵐創造の息子…?」
等の台詞で創造を他人として語っていることと矛盾します。そのくらい狂ってると解釈することもできますが、
ドンと戦って意識を失いかけた万丈の脳裏に聞こえてくる父の声「我が子よ…勝てる…。コロスの必死の脳波が、ドンを一時的に目覚めさせただけだ。人間の精神がそんな…そんな…そんな…」
ドンと戦ってるのにその戦ってる相手本人の声が幻聴として聞こえてきて、自分とドンとは別人だと言ってるというのは、いくら何でも変でしょう。
と「破嵐創造=ドン・ザウサー」ではないという説もあります。

最後の万丈邸の明かりも、そこに万丈がいるとも思えるし、たまたまカーテンを閉め忘れた部屋に朝日が差し込んでいるだけとも考えられます。

と、『ダイターン3』は謎の多い話なので、結論を急がずに考え続けて楽しんだ方が良いと思いますよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる