ここから本文です

【民法】248条の具体例は何ですか?

tak********さん

2016/8/2213:56:38

【民法】248条の具体例は何ですか?

(付合、混和又は加工に伴う償金の請求)
第248条
第242条から前条までの規定の適用によって損失を受けた者は、第703条及び第704条の規定に従い、その償金を請求することができる。

この規定はマイナーすぎて本には解説がほとんどありませんが、例えばどういうことなのでしょうか。
1.「第703条及び第704条の規定に従い、」これはなんで規定されているのでしょうか?ないとどうなるのでしょうか?
2.例えばある借地上に簡易の倉庫を建てた場合、これは附合すると思いますが、附合すると所有権が土地の所有者に移ってしまいます。すると、この場合には248条が効いてくるのでしょうか?
3.簡易の倉庫を附合させたくない人は建てる前に許可をとればよいということですか?一言通知するだけでは足らないのでしょうか?そうだとすれば、借地者は土地の所有者は許可するかどうかを気にしないといけなくなりますが借地権者の権利が侵害されませんか?

ご教示よろしくお願いします。

閲覧数:
376
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac********さん

2016/8/2215:04:28

1.善意悪意の区別のため。

2.242条但し書き

3.質問趣旨不明

  • 質問者

    tak********さん

    2016/8/2215:22:51

    こちらもご回答、誠にありがとうございます。
    2.が解決しないと3.は手に負えませんので、2.についてなのですが、
    例えば、土地に抵当権が付いていて、それが実行された場合には、倉庫は誰のものですか?競売して土地を手に入れた人ですか?借地人ですか(実際には撤去しろと言われそうですが)?
    借地権自体に抵当権が付いていたとすればどうですか?
    242条但し書きを使うと、倉庫は借地権者のものとして生き残ってしまいますよね。所有権が付合によって貸主のものになるなら競売した人のものになると思いますが(土地に抵当権が付いていた場合)。

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/8/29 15:01:16

遅くなり申し訳ありませんでした。
難しいですね。でもやはり、こちらですね!
ご教示ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pqp********さん

2016/8/2215:36:55

248条の具体例はさ材料の弁償

1、何をいくら弁償するのかわからん

2、倉庫は「建物」ゆえに、付合しない。

3.2ゆえ論外


旧司法試験のカーポートの問題を検討してから聞け
(まあ、無理か。建物が付合するとか言ってるしな。実体法の話と事実認定や立証活動の話まで無意味にごちゃ混ぜにするから相手するのが面倒くさい)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる