ここから本文です

高校化学の質問です。

yuk********さん

2016/8/2600:31:48

高校化学の質問です。

錯イオンについてですが、[CoCl2(NH3)4]+ テトラアンミンクロリドコバルト(Ⅲ)イオンは、なぜCo3なのに配位数は4なのでしょうか?
あと、錯イオンの配位数はCoが+3でCl-が-1×2で+1という考えでいいんでしょうか?
Clの存在が初めてなので、そいつがどう配位数やら酸化数やらに関わっているのかわかりません。
詳しい解説をお願いします。

閲覧数:
119
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nek********さん

2016/8/2606:57:20

配位数は6です。
Co³⁺イオンに、Cl⁻ が2つ、NH³ が4つ配位しています。
画像検索すると、構造が出てくるので見てみるといいと思います。

中心のCo³⁺イオンは、プラスの電荷を帯びています。
ここにマイナスの電荷を帯びたCl⁻イオンが配位します。
また、NH₃分子は、N原子上に非共有電子対をもっていますよね。
この電子対が、プラスの電荷を帯びたCo³⁺イオンに配位します。

プラスのCo³⁺イオンを、マイナスのCl⁻とNH³が取り囲むような構造をしています。

酸化数については、合っています。
Cl⁻が -1×2=-2 、全体で+1なので、Coは+3 と考えるとよいでしょう。

質問した人からのコメント

2016/8/26 13:00:02

私の勘違いと書きミスを考慮した上での完璧な回答でした。大変ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mar********さん

2016/8/2608:50:43

書いていることが『配位数』と『酸化数』でぐちゃぐちゃになってます。きちんと整理し直して再投稿してください。
それに、[CoCl2(NH3)4]+ は配位数は6だし、Coの酸化数は+3で4なんていう数字はどこにも出て来やしませんし。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる