ここから本文です

喘息治療でアドエアを使った事のある方に質問です。 ここ数年秋ごろになると2カ月...

piy********さん

2016/9/121:26:02

喘息治療でアドエアを使った事のある方に質問です。
ここ数年秋ごろになると2カ月近く咳が止まらなくなり大人になり喘息と診断されました。
去年妊婦でアドエア100を処方され3つほどあるので

すが、産後特に咳き込むこともなく治り次第自己判断でやめてしまいました。本当は良くないのは分かっているのですが、今年も秋が近づいてきたので去年のアドエア100を吸って予防しておこうと思い久しぶりに吸ったのですが若干息苦しさがありました。
後過去に咳き込みが酷きときもさほど効果もなく悪化して一度シムビコートに変えたら少し良かったのですがアドエア100は体質的に合わないってことはあるのですか?
吸入ステロイドは副作用が少ないと聞いていたので少し心配です…。
喘息治療に詳しい方教えていただきたいです。

閲覧数:
2,097
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ito********さん

2016/9/710:47:27

アドエア100では弱いんだと思われます。通常なら250が使用されます。妊娠中だったので弱いのを選択されたのだと思います。若干の息苦しさはおそらく乳糖が入っている粉っぽさからくるものではないでしょうか?シムビコートにも入ってますが少ないので粉っぽさがありません。吸ったらうがいして下さい。声がかれる副作用があります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「アドエア」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yhg********さん

2016/9/122:37:30

アドエアはステロイドと気管支拡張剤の合剤です。

アドエアもシムビコートも種類は違いますがステロイドと、
これも種類が違うベータ2刺激薬と呼ばれる長時間作用の
気管支拡張剤の2種類の薬が混合されたものです。
どちらも副作用としてはステロイドよりも
気管支拡張剤の方が体への負担や影響は大きいです。

アドエアに含まれる気管支拡張剤はサルメテロール、
シムビコートに含まれるのはホルモテロールと呼ばれる
異なる種類の物ですので、サルメテロールが体質的に
合わないかサルメテロールに感受性が高いかなどがあり、
シムビコートは問題なく使えるがアドエアは使えないということが
起こっているのだと思います。

ちなみにステロイドで100マイクログラムの吸入であれば
ほぼ全く問題なく安心して使用できるような量です。
私は最大使用量の吸入ステロイドを使用したことがありますが、
その時は1600マイクログラムを一日で使用しました。
その時もステロイドでの副作用はこれと言って起こりませんでした。
ですから、注意すべきは気管支拡張剤だと思います。

あと、気管支喘息は慢性の呼吸器疾患ですので、薬をやめてしまうのは
非常にリスクがあります。定期通院のうえ吸入薬等による日常の
コントロールが大事です。薬の使用や中止に関しては必ず主治医様に
相談の上、指示通りにすることが大切です。

お大事に。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる