ここから本文です

日本人は業務時間外でもメール返信するーこれって海外では普通?

fas********さん

2016/9/601:43:11

日本人は業務時間外でもメール返信するーこれって海外では普通?

日本企業だと、業務時間外でも、重要なプロジェクトや急ぎの案件の場合、休日や業務時間外であってもメール・電話対応をしている会社があります。

クライアントのことを思う気持ちは確かに日本人独自の優しさであり、ホスピタリティ(コンビニなどのサービス産業にも代表される)のあらわれだと思うのですが、それによってプライベートな時間が削られるのはいかがなものかと思います。

残業問題もようやく徐々に認知されてきて若い世代を中心に変わってきているように感じます。

私は海外で働いたことも無ければ海外に長期滞在したわけでもないので、聞きかじった話ですが

・海外の人は、忙しい案件を抱えていても、業務時間を超えたら一切連絡は取らない
・急ぎの案件、プロジェクトを抱えていても1ヶ月のロングバケーションに入って一切連絡を取らない

などと聞きます。

どのくらいのレベルの企業がこうなのかわかりませんが、大雑把にいってこのようなイメージを持っています。

実際はどうなのでしょうか。

一番いいのは休むまもなく働きたくなるほど面白い仕事をすることだと思うのですが、海外の一般的な基準、一般的な企業の考え方などが知りたいです。

海外在住経験のある方
海外勤務経験のある方

のご意見だとなお嬉しいです。

それ以外の方のご意見もお待ちしております。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
130
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fuk********さん

2016/9/605:27:28

アメリカです。
アメリカでは社員の形態がいろいろあります。
年俸制の社員、時間給の社員(タイムカードを使う)、契約社員(プロジェクトごとに契約する、一種の出来高払い)、とこんな感じです。

一般企業でクライアント対応だと、年俸制のセールスマネージャー、というような肩書きですから。たいてい24時間メールをチェックしています、スマートフォンをいつも気に気にしている、と言うような仕事だと思います。重要な事だと、夜中でも直ぐ回答がくる、と言う感じです。明日で済むな内容だったら、とりあえず無視、だと思います。

時間給の社員の人は、タイムカードをおしたら、もう仕事は関係ない、と言う感じです。

契約社員の場合は、年俸制の社員と割と近い感じです、もっと割り切って対応します。

  • 質問者

    fas********さん

    2016/9/1022:22:49

    なるほど。
    働き方によって、働く人のスタンスも変わる、というのは初めて知りました。
    やはりそういう部分はアメリカは論理的というか割りきっていますね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/9/10 22:28:47

企業や国によって差はあるかと思いますが、基本的には上に行けば日本とあまり変わらない感じですね。

勤務スタイルによって働き方が変わる、という新しい発見があったのでベストアンサーにさせていただきます。

みなさんご回答ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bas********さん

2016/9/609:39:31

海外と言っても広いですが・・・

大雑把に言って、ある程度責任の有るポジション以上の方の場合、日本人以上に24時間365日体制の方も多いですよ。

最近はむしろ、日本の、特に大手企業の方の方がレスポンスが悪かったりします。

労務管理上の理由や、情報セキュリティ上の理由で、PCの持ち出しや外部からのメールの送受信等、規制されている会社も有る様ですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mov********さん

2016/9/608:31:49

オーストラリアで働いてます。職種やポジション、勤務体系によります。アメリカ同様、基本的に組織の中で上にいけばいくほど、給与も増えそれに伴い、時間外労働も増えます。

特に、顧客をもってる人やそういう部署にいる人は、携帯やPCを会社から支給されてますし、それで業務時間外や休暇中でもメールはチェックしてて、緊急のものには対応してます。それ以外のものは、ほっとくか、社に残ってる人で対応っていう感じですけどね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

lsv********さん

2016/9/607:35:14

米国ですが。

身近に弁護士がいるけれど、時間なんか無視でPCの業務連絡は夜でもしています。
平社員なら仕事が終われば自分のプライベートな時間になるけれど、上に行くほど仕事と自分の時間の区切りが曖昧になります。

・海外の人は、忙しい案件を抱えていても、業務時間を超えたら一切連絡は取らない
・急ぎの案件、プロジェクトを抱えていても1ヶ月のロングバケーションに入って一切連絡を取らない

以上のようなことをしていたら仕事にならないでしょう。他に出し抜かれます。
一般社員の残業は、残業代がとても高いので禁止が多いです。別に社員のためではないのです。
下にいる社員ほど自由時間があるものです。
上にいくとつらいのはどこの国も同じです。

>> クライアントのことを思う気持ちは確かに日本人独自の優しさであり、ホスピタリティ(コンビニなどのサービス産業にも代表される)のあらわれ

↑やさしさでなく、ビジネスに関わる者としての責任からでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mas********さん

2016/9/602:09:37

うちのフランス人は普通に残業(というか管理者側で彼自身が自分のスケジュールを切ってるので)してますよ。ほぼ毎日。
夜の12時にも普通に彼のブラックベリーは鳴るし、対応してますけど。
バカンス中でも普通にかかってくることありますし、どこでもPC持っていきますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

rty********さん

2016/9/601:55:08

海外との取引経験がありますが
権限のある偉い人はメールはどこにいてもうけられるようにしていてあまり関係なく返信来ていました
バカンスは確かにとってましたが少なくとも「出先なので秘書の、アシスタントのXXに連絡とってくれ程度の返信はありました
担当者レベルですと休みは休みというかたが多かったかも

緊急事態の時はさすがに関係者みんな、ほぼ24時間体制だったですよ

けっこう意外だったのが省庁のかたが割りと遅くまで普通に対応してくれたことです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる