ここから本文です

ちょっとしたことなのですが、うまく式が書けなくて悩んでいます。

nab********さん

2016/9/1008:03:59

ちょっとしたことなのですが、うまく式が書けなくて悩んでいます。

作業用のシート1と参照用のシート2があり、
シート1のA列には
A
B
C
D
などと文字列(名前)が入力されています。
こちらは今度の野球のスタメンだと思ってください。

シート2にはA列とB列があって、
A 55
B 43
C 67
D 41
などと、名前:背番号が羅列されています。こちらが参照用の全選手の背番号リストだと思ってください。

ここで、 シート1のB列に、A列の名前に対応した背番号を返したいのです。
なので、シート1のB列に
IF(シート1のA列の値=シート2のA列のいずれかの値)だったとき、
適合したシート2の行のB列の値を表示する
また該当する名前がない場合は「0」を表示する
という式を入れたいのですが、どのように式を書けばよいでしょうか。


すみませんがどなたか教えてください。

閲覧数:
35
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mit********さん

2016/9/1009:12:02

2行目から下方にデータがあるとしてシート1のB2セルには次の式を入力して下方にドラッグコピーすればよいでしょう。

=IF(A2="","",IFERROR(VLOOKUP(A2,Sheet2!A:B,2,FALSE),0))

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hig********さん

2016/9/1009:15:26

=vlookup(A1, Sheet2!A:B, 0)
これをシート1のB1に書きます。
次に、B1を選択しマウスをB1の升の右下角に近づけると、マウスが矢印から十字に変わるので、つかんで下へ引っ張ります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

was********さん

2016/9/1008:31:55

EXCELのヘルプか参考書で次をご確認ください。
IF関数
VLOOKUP関数
IFERROR関数

場合分けの関数(手法)は大きく分けて3つと考えましょう。
IF関数
CHOOSE関数
LOOKUP系の関数

あなたの考え方(1つ該当する条件の場合を考える)でするなら、SUMIF関数を使います。
IF関数で記述するなら、全ての場合について記述しましょう。
数式の記述が面倒なので1つの条件で記述し、以下の用に3回コピーし、書き換えます。
1. =IF(A2=Sheet2!A$2,Sheet2!B$2,偽)
2. =IF(A2=Sheet2!A$2,Sheet2!B$2,IF(A2=Sheet2!A$2,Sheet2!B$2,IF(A2=Sheet2!A$2,Sheet2!B$2,IF(A2=Sheet2!A$2,Sheet2!B$2,偽))))
3. =IF(A2=Sheet2!A$2,Sheet2!B$2,IF(A2=Sheet2!A$3,Sheet2!B$3,IF(A2=Sheet2!A$4,Sheet2!B$4,IF(A2=Sheet2!A$5,Sheet2!B$5,偽))))
4. 最後の偽を0にするか、削除します。(カンマは残したままです。)

SUMIF関数を使う場合は次式になります。
(ない場合には0が返ります。)
=SUMIF(Sheet2!A:A,A2,Sheet2!B$1)

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる