ここから本文です

「青々と 茂る高木に 鳥の声」「茂り」 を季語に詠みました。季語の使い方 俳句...

siw********さん

2016/9/1014:21:14

「青々と 茂る高木に 鳥の声」「茂り」
を季語に詠みました。季語の使い方
俳句の意味は通じますか?

木々の緑が きれいな季節です。背の高い ナラの木に
葉が生い茂り、小鳥たちが巣をつくり 鳴いています。という情景を詠みました。

閲覧数:
329
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/9/1018:25:14

青々と 茂るや高木 鳥の鳴き

こちらのほうのような感じではどうかなと思いましたです

  • 2016/9/1020:01:16

    楢の葉の茂るや声は枝の鳥

    こちらのほうが宜しいかも知れませんと思いましたです

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/9/12 18:38:56

おふたりの 回答ありがとうございました。 勉強になりました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2016/9/1016:22:06

「茂る」とあるから、上五の「青々と」はイメージ重複するので、不要と思います。
せっかく解説に「背の高い、ナラの木」とあるので、「楢茂る」として特定の樹名を冠してつくることを考えられたら良いと思います。上五でも下五でも良いと思います。そのときは「高木」は不要と思います。「鳥の声」は五・七・五のどこかで活用すると良いと思います。
参考資料 角川書店刊 合本俳句歳時記「茂り」の項。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる