ここから本文です

化学ポテンシャルについて!!!

アバター

ID非公開さん

2016/9/1818:20:05

化学ポテンシャルについて!!!

沸点上昇のときμa(気体)=μa(液体)+RTlnxaとかけて、凝固点降下のときμa(固体)=μa(液体)+RTlnxaとかきますが、どうして右辺の化学ポテンシャルはともに液体のものなのですか?

補足+RTlnxaの項がどちらの状態の化学ポテンシャルに足されるのかがわかりませんでした、、、

閲覧数:
360
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cjx********さん

2016/9/1821:45:45

沸点上昇のとき、
不揮発性物質を溶かしていると思います。
なので、
気体には純物質だけです。
液体は混合物です。

固体も純物質だけです。
液体は混合物です。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

tor********さん

2016/9/1818:36:06

ん?ポテンシャルの釣り合いからそれは当然だと思いますが。
気相の化合物aが持つポテンシャルエネルギーが、液相の化合物aが持つポテンシャルエネルギーと釣り合うのが気液平衡の状態ですし、凝固点降下では固体の化合物aのかがくポテンシャルが液相の化合物aの化学ポテンシャルと釣り合います。

というか、この描き方分かりにくいです。
指数の肩においてくれれば、液相の化学ポテンシャル×モル分率ということで分かりやすいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる