ここから本文です

南京事件。秦郁彦のデッチアゲについて(2)秦と冨澤繁信の南京安全地帯の記録の...

ut3********さん

2016/9/2115:24:45

南京事件。秦郁彦のデッチアゲについて(2)秦と冨澤繁信の南京安全地帯の記録の解釈の違い。

秦の「南京事件」p169より抜粋。

南京安全委員会抗議文169号。
秦解釈
12月30日。

イタリヤ大使館某の住宅に日本兵が現金100ドルと娘2人をさらっていった。

冨澤解釈
12月30日午後、二人の日本兵がイタリヤ大使館職員の住宅(北平路六十四号)に来て百ドル余の金を取り上げ、二人の女の子を連れて行った。
我々の懸命の懇願により、1人の女の子は放たれたが、項思沢という十六歳の皮の裏地の服を着たこの方は未だ捕らわれている。
三人の日本兵が中に入り、二人は入り口で見張をしていた。(スパーリング)。

(私見。五人の日本兵が、外人宅で十六歳の少女一人を輪姦をした、らしい。拉致はしていない。)


同抗議文178号
秦解釈
12月30日、日本軍将校の洗濯婦として連行された六人の婦人たちは、夜通し強姦され、若い一人は40回も強姦された。
1月2日には鼓楼病院に来た婦人をを日本兵がつれ出し体中を10か所突き立て殺害した。(ウイルソン)

冨澤解釈
一九三八年一月三日。日本軍将校の洗濯物を洗うためと言われ、十二月三〇日に金銀巷六号から一人の女性が他の五人と一緒に連れていかれたが
彼女は、この家の状況から日本軍の軍用病院だろうと考えた。その女性たちは、日中は洗濯物を洗い、夜はずっと強姦され続けた。
年長の女性は、一晩十回から二十回強姦され、若くて見栄えのいい女性は四十回も一晩で犯された。一月二日、兵士二人がこの患者を
人気のない学校の校舎へ連れて行き、銃剣で10回殴った。(略)この患者は回復すると思われるが(略)

(私見、秦は南京事件は大虐殺だから「強姦・暴力を強姦・殺人」と解釈、卑劣の極み。)

同抗議文185号。
秦の解釈
一月九日、朝安全区内の山西路の東側で、日本軍将校1と日本兵1が平服の1市民を池の中に立たせ、3発で射殺した。
合法的処刑は仕方がないが、飲料水を供給する池を汚すのは困る。(クレーガ)
(私見。水の問題での苦情。処刑を問題にした苦情ではない。事件ではない、と愚考します)


同抗議文192号。
秦解釈。
1月16日、日本兵が数台のトラックで大学図書館に乗りつけ、労務者数人と料理女を六人出せと要求。差し出すと、兵士たちは女たちが
年寄りすぎている、次に来るまでに若い女を用意しろよ、と言って帰った.17日将校二人を同道してやってきて、養蚕所から数人の男と
7人の婦人を拉致した(ベーツ)

冨澤解釈
1月16日、午前八時を少し過ぎたころ、日本兵を乗せた数台のトラック(略)養蚕館から男何人かと女性7人を手に入れた。
ベーツ博士はそこにいて、その経過を目撃し、男女が行くことについて完全に自発的なものであったとみていた。
女性一人は若かったが、すすんで出かけて行った。(ベーツ)
(私見。事件でも何でもない、これを、拉致事件にする、秦郁彦の卑劣さにはあきれた。)


問1。秦の「南京事件」は、秦と中公新書の合意のもと自主的に廃刊すべきですか。
問2。国民の有志が名誉棄損で、秦郁彦と中公新書を訴えるべきですか。


参考資料

①中国国民党中央宣伝部(国際宣伝処)のトップであった曽虚白の回想録に「金を使ってティンパーリー本人とティンパーリー経由で、
スマイスに依頼して、日本軍の南京大虐殺の目撃記録として二冊の本を書いてもらった」と記録されて、それ裏づけるように、
台北の国民党史館で所蔵されていた「国民党中央宣伝部国際宣伝処工作概要」(1941年)の「対敵宣伝本の編集製作」の部分にティンパーリの
「戦争とは何か-中国における日本の暴虐」は同機関が編集印刷した対敵宣伝書籍と明記されている。産経新聞。2015年4月16日。


②1937年、ティンパーリは中国の宣伝処勤務。そして、1938年、ティンパーリは「戦争とは何かー中国における日本軍の暴虐」を出版。
秦は、1939年にティンパーリは中国の宣伝処勤務と誤認して、南京事件を執筆している。

③蒋介石日記 11月30日「抗戦の果てに東南の豊かな地域が敗残兵の略奪場と化してしまった。戦争前には思いもよらなかった事態だ。(中略)撤兵時の略奪強姦など軍規逸脱の凄まじさにつき、世の軍事家が予防を考えるよう望むのみだ」
「略奪・強姦等の被害者や目撃者の民間人は中国敗残兵に殺された?略奪・強姦・放火・殺人の犯罪者は追撃の日本軍では無い」



最後に一言

中国南京の大屠殺記念館30万は明らかに捏造です。

その証拠は南京政府が出版した「DOCUMENTS OF the NANKING SAFETY ZONE(南京安全地帯の記録)」です。

更に、南京安全地帯の記録を日本語に訳したのが「南京安全地帯の記録 完訳と研究」冨澤繁信

本当に今の中国政府や中国人はウソツキの極み。

折角言論自由の国・日本に来たのに南京捏造大屠殺を主張するなどアキレタ。

南京大屠殺の勉強よりも天安門事件を勉強すべきです。

補足lucus5さん。回答をブロックするぐらいなら、回答しないがいいのでは。重慶の国際問題委員会は南京政府の下部組織では。重箱の隅を突いても、私の主張は変わらない。
私の主張を変えるような反論をすべきです。
貴方は議論に向かない。
さようなら

閲覧数:
177
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tou********さん

2016/9/2406:36:16

富澤繁信?歴史学会ではまったく評価されていないぞ。

これは質問者がしっかり勉強して書いたものではないな。富澤とか言う元銀行員の右翼の男の「意見」をそのまま引用しているだけだ。富澤はこれを書いた時は既に78歳。今の石原慎太郎と同じで少々記憶違いが入り始めていたのではないか?(笑)この件はオレはlucus5が言う事が正しいと思う。

いずれにしても、秦や富澤なんかに聞かなくても、当時の大日本帝国陸軍の将軍や実戦に参加した兵隊たちの記録が色々とある。もっと勉強しよう。

  • 質問者

    ut3********さん

    2016/9/2409:31:36

    >この件はオレはlucus5が言う事が正しいと思う。

    参考資料①をお読みください。

    産経新聞が、証拠を基にスマイスは中国の犬と言っています。

    lucus5が言う。

    >は~あ。
    >スマイスは中国の犬。

     だからその根拠を示せって言ってんだよ。
     お前、マジにバカか?

    そして、私の反論をブロックして逃げた。
    この証拠を示せは、先週も言った。
    だが、反論はブロックされていた。
    そこで、今週は参考資料の①に書いたのです。

    この様な卑怯な男の謂う事が、正しいですか?

    お仲間ですか?

    要は、①、南京安全地帯の記録が、蒋介石政権によって、書かれた書である。
    ②、この書によると、南京事件とは日本軍の略奪強姦。虐殺ではない。殺人事件には新しい死体がいるので、殺人事件はデッチアゲられない。
    ③、そして、安全委員会にはスマイス等の蒋介石政権の犬がいるから、この書は、日本軍を誹謗中傷する宣伝本であると言う事です。
    だから、事件でもないのに、日本軍を非難している。



  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/9/27 20:08:05

回答者が外に居ない。

回答ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

luc********さん

2016/9/2213:01:03

>中国南京の大屠殺記念館30万は明らかに捏造です。

で?
では3万や4万はあったという意味で解釈できるんだね。

>更に、南京安全地帯の記録を日本語に訳したのが「南京安全地帯の記録 完訳と研究」冨澤繁信

この翻訳、間違ってるよ。
これは複数の種類があるんだが、どれを訳したモノなのか?

>「その証拠は南京政府が出版した「DOCUMENTS OF the NANKING SAFETY ZONE(南京安全地帯の記録)」です。」

違う。
南京政府が出版したものなどは無い、重慶の国民党が出版物だ。

どんだけ無知なんだ、このバカは。
お前はいつも指摘ばかりされてるな!やめとけ、バーカ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる