ここから本文です

なぜ草食動物の恐竜は自重を支え立つことができたのでしょうか? 2乗3乗の法則...

ful********さん

2016/9/3009:07:08

なぜ草食動物の恐竜は自重を支え立つことができたのでしょうか?

2乗3乗の法則に従うと地上で自重を支え立つことができる最大体重は、30トンほどが限界と聞いたのですが…。

閲覧数:
546
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hos********さん

2016/9/3019:07:56

間違いがあるのでそれだけ突っ込みます

>少なからず限界がきたから絶滅したと思っています。
隕石ではないと思います。

じゃあ、なんで小型のものまで絶滅したの?絶滅した6550万年前よりもかなり以前から恐竜は巨大化していて巨大化してから何千万年も生き延びている。巨大化が絶滅の原因ではないし、天体衝突(あれを隕石というのは厳密には間違い)が原因であることはすでに決定的です。

>眉唾だと思っています。一部の骨だけですから。

科学でも最もやってはいけないことは「そう思うから違う」という断定。それは宗教です。科学なら明確な事実だけを判断に使うべきです。思うなんて主観は必要ありません。
それに巨大恐竜のほぼ全身の骨格は見つかってます。

もう面倒だから突っ込まないけど、科学カテゴリーに非科学的なオカルト回答があると正直イラッとする。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ast********さん

2016/9/3020:54:00

竜脚類の体重は年々軽量化されてますね
重いと言われるブラキオサウルスでも今は23t程度という説もありますね。
というか化石が発掘されるほど繁栄していた生物が自分の体重を支えられないということはまずあり得ないので支えられないというならば学説が間違っているか、体重を軽量化していたと考えるのが妥当ですね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ko_********さん

2016/9/3020:49:28

「これが正解だ」という説が無いから、現在の科学では非常識とされる「さまざまな説」がたくさんあるって感じでしょう。

ご存じだと思いますが、
・筋肉の仕組みが、現在の生物とは、異なっていた→誰も証明できない
・立てなかった→足跡の化石がある
・重力が非常に小さな時代だった→これまた証明できない
・骨が軽量化されていた→それでも重すぎる
ってところでしょうか。

つまり、「まだ理由はわかっていない」ということです。

ご参考になれば幸いです。

lam********さん

2016/9/3018:18:27

少なからず限界がきたから絶滅したと思っています。
隕石ではないと思います。
ただ化石も事実です。動物はどうしても種の優劣として大きさを求めます。
だから大きくなることは避けようがない。

スーパーザウルスやアルゼンチノサウルスなど巨大化石がありますが、眉唾だと思っています。一部の骨だけですから。
80%・・・せめて60%の骨格化石が出るまでは体長を巨大に予想するべきではないと思います。
こういう発見は名声を求めます。恐竜の場合、大きさが1つの目安です。
ただ人間でも筋骨隆々なタイプと華奢なタイプがいます。
またセントバーナードとアフガンみたいな違いとも云えます。

頸骨が少し太いだけで
比例拡大だけするのは頭骨の骨が出るまで待つべきでしょう。

ジョバーニだったかな?
8割以上の骨が出ている化石は。
全長21メートルだったと思います。
これが子どもか大人かといえますが、まず子どもではないでしょう。
卵からかえるとという前提なら。

個人的には2足でも4足でも五メートルを超える恐竜は胎生です。哺乳類と信じています。
大きく産んで大きく育てられるシステムは歩行可能な幼児として生み、分割供給できる母乳育児が親にも子にも安定した生活習慣を保障するからです。
でなければ巨大になれません。そして化石に出るくらい個体数が望めません。

安定した種の生活状況。巨大で植物食ですからゾウかキリンに近い一族型の群れでしょう。
植物食は低カロリー食ですから量がいります。食いだめが利きづらいですからね。
営巣はしないと考えるべきです。
あと大切なのは恐竜の大きさではなく成獣メスの大きさです。
メスというのはオスと違って子どもなり卵を産む頃から大型化しなくなります。栄誉を取られるためです。巨大すぎるオスにのしかかられればつぶされてしまいます。
何年でメスは成獣になるか。それが重要な考え方です。
50年もかけてなりますか?
死ぬ確率の方が高くなると思いませんか?
長くても5年、
1~3年の哺乳類にすればそれでも長い方です。
しかし生存が確実なことを考慮し、繁栄を考慮すれば、このくらいでなる必要があります。一度で何匹も産まないでしょうし、胎児期間・育児期間も考えねばなりません。一匹産んで死んでいたら種は増えません。繁栄を考えればメスは死ぬまでに三頭の子を成獣にする必要があります。

卵からそれができるか?
疑わしいとしか云えません。
巨大クレーン車の足もとの三輪車。それが卵からかえった場合の親と子の構図です。
守るどころか、視界に入りづらく、足や腹、尾で圧死させるようなモノです。


私の意見は現実的なことを追求したモノです。
但し科学は数字的にはできる、遺伝子が近いなどで作られます。

25メートル級の恐竜なら体重30トンほどに治まるのでは。
大きいアフリカ象で5メートル8トンほどでしょ。
首長竜は身体の三分の二が首と尾だから足しても15トン
8メートルほどの胴の部分が15トン
あり得ない話ではないよね。
でもそれが限界だと私も思います。

科学的・数学的と現実的

どちらが真実に近いのでしょうね。

txr********さん

2016/9/3013:47:11

骨などが空洞化していたりしてかなり軽量化されていたことが知られています。

>30トンほどが限界と聞いたのですが…。

その数字に根拠がない。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

fhj********さん

2016/9/3009:15:46

温暖化か進んで植物も動物も大型化が進んだ時代だったみたいですね
ほとんど動かなくても食料には困らなかったのではないでしょうか

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる