ここから本文です

<アベノミクスと実質賃金> ①アベノミクスにより失業率は改善したが実質賃金が...

eos********さん

2016/10/1000:17:05

<アベノミクスと実質賃金>

①アベノミクスにより失業率は改善したが実質賃金が低下しており、国民は貧しくなった。

②アベノミクスにより失業率が改善し、これまで無職だった人々が職にありつけた。

これらの人々の収入は初め低いため、全体としての実質賃金が低下したに過ぎない。

どちらが正しいのでしょうか?

閲覧数:
101
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mtn********さん

2016/10/1622:33:15

非正規労働者ばかり増えてもしょうがない~

非正規労働者ばかり増えてもしょうがない~

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ink********さん

2016/10/1012:53:06

①は正しくない。

>実質賃金は今年8月まで7ヶ月連続で前年比プラスみたいですよ。

そうなんです。その要因は、消費者物価の物価の下落なんです。名目賃金はそんなにふえていない。

②は後半部分「失業率が改善し、これまで無職だった人々が職にありつけた」 は正しいが、これはアベノミクスの成果であるかどうか疑問。

自民党は「アベノグラフィックス」で、経済の諸指標が好転したのをアベノミクスの効果である、と言っています。下記の3年連続でベア率が2%を超えたとかGDPの伸びは民主党時代より大きいというのもこれに含まれています。

しかし、中身をみると、結構怪しいのです。

>3年連続でベア率が2%を超えた

これは、自民党が言っていることですが、春闘で大企業の賃金上げが3年連続で2%以上だった、ということなんです。国全体の話ではない。

>下図は名目と実質の雇用者報酬です。どちらも民主党政権の時より大幅に上向いており

名目GDPは確かに安倍政権時代のほうが伸びている。しかし、実質で見ると、民主党政権時代と大して変わらないというか、むしろ民主党政権時代のほうが伸びが大きいのでは?

雇用関係は、実際ある程度は好転しているようです。いわゆる求人倍率なども、好転しています。しかし、伸び率でみるとこれも民主党時代とあまり変わらない。

団塊の世代あたりの人々が、退職していますから、その補充が必要で、新卒の就職率は高くなっているらしい。

雇用関係指標の好転は、どこまでがアベノミクスの効果で、どこまでがリーマンショックからの景気の自律回復なのか判然としません。

よくよく内容を分析しないといけないようです。

もっとも、アベノミクスは、デフレからの脱却を目的としています。そのために政府・日銀はインフレターゲットを設定し、日銀は金融機関におカネを供給する。そうすれば人々はインフレを予想し、消費や投資におカネを使う。そのため景気が回復し、実際インフレになる。アベノミクスのシナリオはこのようなものです。

ところが、物価は上昇していません。ということは、景気の回復傾向は、アベノミクスの成果ではない、と言えるのではないでしょうか。

nan********さん

2016/10/1004:28:57

ひとまず雇用は改善しているので、傾向としてはいいのではないでしょうか。
その上でお金が回れば賃金も上昇すると思います。

sad********さん

2016/10/1003:27:40

それなら簡単で確実に答えが出せる方法があります。

『就業者数×賃金×物価=実質雇用者報酬』

が増えているかが大事です。要は「日本全体でもらう給料が増えているのか?」

下図は名目と実質の雇用者報酬です。どちらも民主党政権の時より大幅に上向いており、国民が受けとる所得は増えたと断言できます。

それなら簡単で確実に答えが出せる方法があります。

『就業者数×賃金×物価=実質雇用者報酬』...

hay********さん

2016/10/1001:15:49

そもそもですが、厚生労働省の毎月勤労統計調査によれば、実質賃金は今年8月まで7ヶ月連続で前年比プラスみたいですよ。

厚生労働省 毎月勤労統計調査
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/30-1a.html

※8月速報の実質賃金指数見てみたら分かると思います。


CPIが全然上がらないのに実質賃金下がるのは考えにくかったので、念のため、調べておいてよかったです。

yoh********さん

2016/10/1001:02:42

アベノミクスで賃金が減った人なんかいるわけないでしょ。
3年連続でベア率が2%を超えたなんて過去20年間であり得なかったことだよ。

ただでさえ人手不足なのに下がるわけがない。
パート・バイト・非正規の賃金は過去最高だし、新卒の賃金も過去最高になってるんだよ。

103万しか稼ぐ気がないパートとか、
定年後にシルバー枠で会社に残って月の半分出勤・半日だけ出勤っていうシルバー層とか、
そういう人たちが激増してるんだから、普通平均賃金は下がるでしょ。
そしたら実質賃金が下がるのは中学生でもわかる常識。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる