ここから本文です

ピアノって楽譜通りに忠実に弾かないといけないんでしょうか?

huk********さん

2016/10/1417:23:49

ピアノって楽譜通りに忠実に弾かないといけないんでしょうか?

私のピアノの先生は、スラーとか細かい部分まで注意します。私は「ここはスラーにしたほうが美しく聴こえるな」と思えば勝手にスラーで弾くことがあるのですが、そうすると先生が「ここはスラーとスラーの間だから、つなげちゃダメ。」とおっしゃいます。先生が演奏されるときも、ちゃんと楽譜を忠実に守って弾いています。


しかし、you tubeで上手な人たちの演奏を聴くと、楽譜通りに忠実に弾いてない方がけっこう多い気がします。スラーがないところでもスラーに弾いてたり。あまり強弱がついてなかったり。すごく上手な演奏なので、多分ピアノを教える立場の人が弾いてるんだと思いますが。そういうのを見てると「楽譜に忠実じゃなくても、美しく聴こえればいいのかな。」と思うのですが、私の先生は楽譜通りに弾くことを求めます。どちらがいいのでしょうか?


ちなみに私は現在シューマンの「兵隊の行進」を弾くレベルです。回答をよろしくお願いします。

閲覧数:
1,513
回答数:
15
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

koo********さん

2016/10/1813:36:10

先生は先生なので、生徒であるアナタに“楽譜通りに弾くことを求め”て当然です。
だって先生ですから、アナタにキチンとした“形”を教えないといけない。

生徒であるアナタは、先生の求めに応じて“楽譜通りに弾くこと”が出来るよう――結果、先生の求めるレベルには達しなかったとしても――練習を積んで下さい。

と同時に、先生の教えに反する(ようにアナタには見える)「楽譜に忠実じゃなくても、美しく聴こえればいいのかな。」と云う考え・感覚も忘れず持ち続けて下さい。

先生が教えられるのは、“形――名人・達人等によって生み出された技法や表現形式を体系化したもの”までです。

その“形”もままならないまま自分流を押し通しても“形無し”となるだけですが、“形”を身に付けた上で自分流を出すことが出来れば、“形破り”な――楽譜通りでないけど上手な――演奏が出来るようになるかと思います。


> どちらがいいのでしょうか?


…と云うことで、問いの立て方が間違っていたのだと思います。

「何故、先生は楽譜通りに弾くことを求めるのだろう?」

アナタに先人達が作った“形”を教えるのが、先生の使命だからです。


【追記】
多分ですが、アナタの先生も、自分一人の時や個人的な表現を出したい場面では、“楽譜通りに忠実に”弾いていなこともあると思いますよ(だって、その時は、先生ではないのだから)。

健闘を祈ります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/14件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lpp********さん

2016/10/1813:07:31

「楽譜に忠実」とか「楽譜通りに弾く」って何なんでしょう。楽譜上には、音符・休符や記号が「ある」か「ない」かの2つしかありません。つまり、楽譜にはデジタル情報しか書かれていない、という事実があります。

しかし、音楽は【時間】という連続した流れの中に存在しています。そのため、デジタル情報しか載っていない楽譜を「忠実に」とか「楽譜通りに」という考えで弾いてもちゃんとした音楽にはならない…と思いませんか?

ここで大事なのは、演奏が楽譜通りかどうかではなく、それらデジタル情報の間をどう読み解くか(なぜここにこの音符・休符や記号が「ある」 or 「ない」のかを考えること、それらのつながりをどうすべきかを考えること)ではないでしょうか。それをしっかりと読み解くためには、作曲者の性格や作曲当時の環境や状況、時代背景などを知る必要があるでしょう。



ただ…一つ気になるのは、アナタ様の「上手」の定義です。「スラーがないところでもスラーに弾いて」も上手、「あまり強弱がついてなかったり」しても上手、これは一体どういうことなのでしょうか?アナタ様の仰る「上手」の判断基準は何でしょうか?

もし、ミスの少なさでピアノ演奏の良し悪しを決めているのであれば、楽譜通りに弾くかどうかという話は置いといて、今一度、ピアノ演奏における「上手」とは何か、を考え直した方が良いと思います。例えば以下のコメント。

> 「ここはスラーにしたほうが美しく聴こえるな」と思えば
なぜそう思うのでしょうか?そう思うことに根拠がなければ、「美しく聴こえる」のはもしかしたらアナタ様だけ(ご自身の浅はかな好みによる間違った判断)かもしれません。そのような、自身の【ずさん】な感覚に頼った判断や弾き方は絶対に止めましょう。


ちなみに。
> 『楽譜に書いてないことをやっちゃダメ』なのではなく『楽譜に書いてあることをやらないのはダメ』
…という意見には大賛成ですが、デジタル情報である楽譜は、音符や記号が「ない」ということも大事な情報です。言い換えると、音符や記号が「ない」ということも【楽譜に書いてあること】と言えます。

例えば…楽譜にスラーが「ない」からといって、その部分を適当に弾いていいというワケではないでしょう。そこにはスラーが「ない」という情報が楽譜に書かれています。

thi********さん

2016/10/1711:42:03

家の娘がエキエル版でショパンワルツ勉強したときの楽譜の一部です。
シューマンの話してるのにバッハびきで有名なグールドの話なんか聞いても参考になりません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yas********さん

2016/10/1709:25:17

>確かにグールドのバッハみたいにめちゃくちゃな演奏もありますが
あれはメチャクチャではない(きちんとした方針があってやっている)とわかるようになったら、自由に弾いてもいいと思います。いまはまだわからないと思うので、少しずつ勉強してください。焦らなくてもいいんです。

>you tubeで上手な人たちの演奏を聴くと、楽譜通りに忠実に弾いてない方がけっこう多い気がします。
プロのピアニストでも、楽譜どおりに忠実に弾いていない人がけっこういます。
グールドは、解釈はエキセントリックですが、意外と楽譜に忠実です。ホロヴィッツは、楽譜を無視しまくっていますが、とても魅力的です。こういう人はいいんです。プロなので。
問題は、楽譜に忠実であるように聞こえるけれど、細かなポイントで楽譜に書いてあることをやっていないピアニストです。一流と言われる人でも、休符を無視したり、スラーを守らない人がかなり多いです。慣習的に弾いているのだと思いますが、非常によくないと思います。
慣習的に弾かれることが極めて多い作曲家は、なんといってもショパンです。ちゃんと楽譜どおりに弾け!と言いたくなるピアニストが大勢います。

>chilorian_musicさん
>『楽譜に書いてないことをやっちゃダメ』なのではなく『楽譜に書いてあることをやらないのはダメ』
まさにこれだと思います。

nbi********さん

2016/10/1616:43:47

原曲の演奏として正しいか間違いかということだと、記号一つ違えたり無視しても間違いは間違い。嫌がる人も多いんでできるだけ正しく弾いた方がいいと思います。
また指示に厳密に合わせてそれで全体を組み立てていくというのは練習にもなるかと思います。
だけどどうしてもできなかったらどうしようもないだろうし、音楽観とか価値観とかを他の人と共通のものを持つ必要までがあるのかまでは疑問。

mam********さん

2016/10/1523:42:27

クラシックの楽器演奏は再現芸術なんです。
作曲家はどう弾いて欲しくて作曲したのか。或いは、作曲家自身はどう弾いていたのか。
スラーの位置も作曲家の意図があります。
楽譜通りに弾かないのは編曲です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる