ここから本文です

卒論のテーマを「日本美術の猫」に決定し、西洋美術の猫と比較しながら書きたいな...

ali********さん

2016/10/1902:00:23

卒論のテーマを「日本美術の猫」に決定し、西洋美術の猫と比較しながら書きたいなと思っているのですが、なかなか西洋美術で猫が描かれているものが見つかりません。

西洋美術の猫について書いてある本などオススメのものはありますか?
ぜひ、教えてください。よろしくお願いします。

閲覧数:
280
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

e21********さん

2016/10/1908:28:44

本の紹介ではなく、こういう場合の資料の探し方を提供させて頂きます。水は差し上げれないけれど、井戸の掘り方を....ということです(笑)



そうした調査に協力してくれるレファレンス協同データベースという図書館のシステムが有ります。

https://crd.ndl.go.jp/reference/

お近くの図書館でレファ協に参加している図書館経由で質問が出来ます。

参加している館のデータマップです↓ここから一番近い参加館を通して質問されるのが良いと思います。

http://crd.ndl.go.jp/jp/library/crd_libraries.html

また、既にご存知とは思いますが、書籍、論文等の資料のリサーチなら下記のネット上のシステムが有効です。

国会図書館サーチシステム
http://iss.ndl.go.jp/

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/10/21 22:36:44

たくさんの回答ありがとうございました!!
頑張ります!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kap********さん

2016/10/1911:31:22

文化として猫をどうとらえるかと考えると、
魔力があるとされ迷信を補強する位置づけもあったと思います。
魔女裁判のさなか迫害にもあったでしょう。
そういう意味でかわいい、身近なペットという現代の見方ではアプロ-チが難しいかもしれません。


ルイス・キャロルの“アリス”の中の「チェシャ猫」のように不気味さを備えた存在として描かれる手います。

古くはエジプト文明のなかで猫は一柱と位置づけられています。

http://blogs.yahoo.co.jp/ya0515530/9677613.html

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refISBN=9784487808847

ご参考まで。

jad********さん

編集あり2016/10/1904:29:41

こんな本がありました。
「猫の西洋絵画」
https://books.google.co.jp/books/about/猫の西洋絵画.html?id=DfvKoQEACAAJ&redir_esc=y

「名画のネコはなんでも知っている」
https://books.google.co.jp/books/about/名画のネコはなんでも知って.html?id=v53ksgEACAAJ&redir_esc=y

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる