ここから本文です

中小企業診断士の資格は経営者にとって役立つかどうか。 現在、webマーケティング...

rebanga99さん

2016/10/2022:28:17

中小企業診断士の資格は経営者にとって役立つかどうか。
現在、webマーケティングの会社を経営しており(個人事業ですが)、クライアントにコンサルをしています。

業務を進めるにあたり、webだけの知識だけではなく、もう少し高い視点でアドバイスができればと思っています。
webのコンサルとはいえ最終的には企業の売り上げをアップさせることが最終目的なので、経営コンサルに近いこともできればいいなと考えています。

そこで、中小企業診断士の資格を取ることで何かしらの役に立つのかを知りたいと思っています。
もちろん資格だけ取ってもコンサルができるとは思ってませんが、例えば一度どこかの会社に入りノウハウを身につければ役に立つのか、それとも勉強と実務は違うので役に立たないのか教えてください。

webマーケティングの専門性を生かした経営コンサルが自分の目指すところですので、どのようなステップを踏めば実現できるかを知りたく思います。

経営者は資格の勉強より○○したほうがいい、という意見は求めておりません。
あくまで資格を取ることによるメリットがあるかどうかについてご教示ください。

※現在診断士として活躍されている方の意見が聞けると嬉しいです。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
536
回答数:
4
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2016/10/2100:38:55

>rebanga99さん2016/10/2022:28:17
>中小企業診断士の資格は経営者にとって役立つかどうか。

何も無いよりは役に立つと思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

qqxwr749さん

2016/10/2516:40:22

他の先生方は、△くらいのコメントですが、私は○だと思っています。

1次試験の内容は、診断士の考え方のベースになる部分です。診断士試験の勉強をしなければ、あまり触れる事のない知識も多くあります。また、経済の動き・教養という面で知っておくべき内容もあります。

2次試験では、コンサルの"かじり"が出来ます。実際の診断業務とはかけ離れていますが、コンサルの根底にある考え方を知れます。

そして、最後の実務補習では、コンサルの流れ、中小企業の実情、自分の無力さを知れます。実務補習は人生においてとても貴重な経験が出来ます。お金も掛かりますが、その価値はあります。人との繋がりも沢山出来ます。

資格を使って仕事をどうこうしようとは考えるべきではありませんが、診断士資格を取る過程で得た知識・経験は、実際のコンサル現場でも良い提案のヒントになっています。
実務補習でお世話になった先生にコンサルのアドバイスをもらったこともあります。

診断士資格をとり、地元の診断士協会に登録することで、仕事にも繋がるし、人脈も増えます。
(都道府県によって協会の活動レベルは違いますが)

pontaboxiiさん

2016/10/2122:19:53

現役診断士です。資格や勉強が役に立たないことはないと思います。ただ補助金や法律などコンサルに必要ない無駄な科目も勉強する必要があるので、回り道です。コンサル力だけならグロービスなど他の方法をお勧めします。

obiwan_ken1さん

2016/10/2102:12:08

勉強した知識がそのまま使えるというものではないです。

その知識を企業が求める形にしてアドバイスできなければなりません。

知識が役に立つかどうかは、それを扱う人の力量によります。

とはいえ、コンサルは幅広い知識が要求されるので、勉強するだけでもメリットはあると思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。