ID非公開

2016/10/21 14:13

22回答

世界のホスピタリティについて書いてある本を探しています。

世界のホスピタリティについて書いてある本を探しています。 私は今卒論の資料を探しています。私の異文化間コミュニケーションのゼミを専攻し卒論に取り組んでいます。 内容は日本とどこかの国のコミュニケーションや文化などの比較をするようにと言われています。 私は日本と世界のホスピタリティについて書きたいと思っています。 しかし、資料が全く探せません。 本は3冊以上使わなければなりません。 私の探し方が悪いのかもしれませんが、ネットでは日本のおもてなしの本しかでてきません。 世界、他国のホスピタリティや日本と他国のホスピタリティの違いについて書いてある本を探しています。 ご存知の方は教えていただきたいです。 また他の探し方やキーワードがありましたら教えていただきたいです。

海外 | 本、雑誌159閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

いまの時代、ふつうに「ホスピタリティ」で探すとビジネス系やマナー系の本ばかりになるよ。ホスピタリティという概念がビジネス界で使われるようになってから少なくともすでに20年以上経ってるしね。 日本語文献から探すなら「歓待」を手掛かりにするのが良いんじゃないかな。 もともとこの手のテーマは、文化人類学や民族学、文化史の領域だし。 「歓待」に「民族」「文化」「風習」「習俗」などを組み合わせたりして、CiNii(全文検索)やGoogleで探してみてはどう? さっきちょろっとググったら『地球の歩き方 バングラデシュ』(p201)で、ほんの少し「歓待」について触れてたよ。 これを手掛かりにして、バングラデシュの歴史や伝承に関する文献を探していくのもありかも。 他に、こういうのもあった。 ■「歓待の人類学」[京都人類学研究会7月例会] http://www.humanosphere.cseas.kyoto-u.ac.jp/article.php/20090717_02.html ここで発表した研究者や地域の文献を漁るのもいいんじゃない? こういう本もあった。 ■『暴力と歓待の民族誌』佐川徹(昭和堂) なんだかいろいろと遠回り感が否めなくて、それに人類学系だとどうしてもいわゆる開発途上国や未開民族が多くなってしまうし(そういう意味では西洋文化史の文献を漁るのがいいかもと思いつつ、グローバル化で文化変容していてもしかしたら逆に難しくなる可能性もあると思ったり)、手っ取り早いのはやはり英語論文かなと(笑)。 がんばって仕上げてね(^^♪

ThanksImg質問者からのお礼コメント

「歓待」や「文化」などで検索したら当てはまりそうな本や興味のある本と出会えました! いろいろと調べてくださり本当にありがとうございました。 良いものに仕上げられるよう頑張ります!

お礼日時:2016/10/24 0:33

その他の回答(1件)

0

日本語の書籍なら日本についての書籍しかないのは妥当です。 海外の書籍を探してみては?