ここから本文です

当時の大川小学校の校長に、県教委は責任を取らせたのか、取らせなかったのか。ど...

bes********さん

2016/10/2718:36:17

当時の大川小学校の校長に、県教委は責任を取らせたのか、取らせなかったのか。どちらなんですか。

震災発生当時、校長柏葉輝幸は、中学生の娘の卒業式で同県大崎市内にいた。

これって無責任ですよね《「自分がいても被害者が大勢出たことには変わりなかっただろう》





柏葉校長の発言
「自分がいても被害者が大勢出たことには変わりなかっただろう」
「亡くなった児童に「ただ安らかに眠ってほしい。
子供たちにはこれからいっぱいやりたいことや将来があった。
本当に無念だったと思う」と話した

htp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110414-00000005-mai-soci

・1.避難計画が策定されていなかったのは校長の責任である。

2.教頭は避難できずに、津波で死んだ。校庭で40分も生徒を待機させたのは、どこに避難するかを決断できなかったからである。

⇒この柏葉校長は娘の卒業式に出て小学校を留守にする際に、≪決定権・指揮権・命令権≫といった権限を教頭に委任していなかったと推定される。
だから、何も決められずに40分間を無駄にした。

3.今に至るまでこの柏葉校長は辞任していない。教育委員会も辞任を促していない。
自分の責任を、この柏葉校長は認めているのに辞めようとしない。



<東日本大震災>校長「怠慢」と初の謝罪…大川小で説明会
毎日新聞 1月22日(日)
東日本大震災の津波で児童74人、教職員10人が死亡・行方不明となっている宮城県石巻市立大川小学校の保護者に対し、石巻市教育委員会は22日、約7カ月半ぶりに説明会を開いた。
同小の柏葉照幸校長は「職務上の怠慢があったと言われても仕方がない。本当に申し訳ない」と謝罪した。
大川小の被災を巡って市教委が明確な謝罪をしたのは初めて。
教諭の中で唯一生き残った男性(休職中)が昨年6月、保護者と柏葉校長あてに書いた手紙の全文も初めて公表され、避難時のやりとりの一部が明らかになった。





教師が聖職である所以は、下にある。

この柏葉校長には《教師としての誇りも気概もなかった》と断言してよい。

玉川上水に、松本虎雄訓導らは永田町小学校全校児童を率いて遠足に来ていた。
大正8年(1919)11月のことだ。生徒の1人が急流に落ち、助けようと飛び込んだ先生がなくなった。
松本訓導33歳だった。




参考

産経新聞2011年5月31日(火)15:12


【震災に学ぶ】奇跡はいかに起きたか 釜石の防災教育(2)


釜石市内の犠牲者の半数は鵜住居(うのすまい)町など大槌(おおつち)湾に面した地域だった。
こうした状況のなか、同町の釜石東中学校と鵜住居小学校の両校は在校していた計約600人全員が無事に避難した。
児童・生徒は刻々と変わる状況に機転を利かせ、自らの命を守った。
今月上旬、同市の防災教育を8年前から指導している群馬大学の片田敏孝教授と現場を歩いた



釜石東中と鵜住居小は隣接。両校から最初の避難場所となったグループホームまでは1キロ、2つ目の避難場所の介護福祉施設までは約1・5キロのゆるやかな坂で、大人の足でも歩くと20分かかる。
そこから急勾配(こうばい)となり、500メートル先に最終避難地点の石材所がある。

両校は片田教授ら研究グループの指導を受け、「迷わず行動に移れるように」と、実際に児童・生徒に避難経路を確認させ、計画を練ってきた。


3月11日午後2時46分、地震が発生したとき、釜石東中、鵜住居小とも下校直前のホームルームやクラブ活動を始めていた。
釜石東中は、校長が公務で外出、村上洋子副校長は職員室にいた。「揺れの大きさで津波が来ると思い、放送で避難を指示しようとしたが、停電で使用できなかった」という。



午後3時、隣の鵜住居小では児童らは最上階の3階など校舎内の避難行動にとどまっていた。
同小も校長が不在だったが、中学生の避難をみた教員の指示で、小学生も避難を始めた。片田教授は「率先避難者となること。
その行動が、避難が避難を呼ぶことにつながる」と話す。

15分後、児童・生徒とも第一避難所のグループホームにたどり着き、全員無事を確認した。
ハザードマップで浸水想定区域外だったため、村上副校長は「避難所までは津波は来ないと思っていた」という。ところが、グループホームの裏山が崩れているのをみて、児童・生徒が「余震が危ない」と騒ぎ出したため、万全を期し、さらに後方の介護福祉施設を目指すことになった。

第1の避難場所では、泣き出す中学生もいたが、「あなた方がしっかりしないとだめ」としかった。気を取り直した中学生は小学生や途中で合流した保育園児の手を引き、再び駆け出した。
グループホームは1階が水没したが、小中学生がさらに避難したのをみて、職員が入所していた高齢者数人を1階から3階に引き上げ全員助かったという。

補足自分の家族よりも、勤務先の児童や生徒を第一に考えるために、校長にはバカ高い給料が支払われている。これが、ヒラ教師との違いなのにね。そんなことも理解できないのかね。

閲覧数:
1,998
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

unt********さん

2016/10/2808:04:30

裁判自体が、県や市を訴えているわけで、校長や教職員個人を訴えているわけではありません。

補償金と言ってもそれは税金。
だれの腹が痛むかけでもありません。
震災の被災者も含まれる市民や県民が、被害者に寄付をしているだけです。

ここが日本の無責任なところ。
公務員が何をしでかしても、個人が責任を問われることは、まずありません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2016/10/3121:43:17

結局金目でしょ?

金の亡者が

jya********さん

2016/10/3104:45:44

ブラック企業じゃあるまいし、校長だって休みぐらい取るだろう。学校教育法にも校長不在の場合の代理規定が示されている。校長不在の場合に緊急の採決が必要な時には教頭が代決する。教育委員会の規定があるはずだ。校長から教頭への代決がないと言うことは考えられない。

>学校教育法37条

○8 教頭は、校長(副校長を置く小学校にあつては、校長及び副校長)に事故があるときは校長の職務を代理し、校長(副校長を置く小学校にあつては、校長及び副校長)が欠けたときは校長の職務を行う。この場合において、教頭が二人以上あるときは、あらかじめ校長が定めた順序で、校長の職務を代理し、又は行う。<

http://kyouikunohouritu.com/category2/entry107.html

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

w06********さん

2016/10/3023:31:28

この校長には法的な責任はないでしょう。

裁判になって、当時の教師の責任が問われて、賠償が認められたわけです。ただ、客観的には教師たちは平常では考えられない自殺行為のようなことをしているのですが、緊急時の混乱した中でのことだし、いろいろな考えはあると思います。

判決の評価については、難しいですが、私は、教師の判断ミスが大きすぎたのかな~とは思います。子どもたちは津波がくるから山に逃げようと訴えていましたが、当時の教師の責任者の頭の中にはたぶん津波はなかったのかもしれませんね。でも今回の裁判で、少しでも真実が明らかにされた点は評価できます。

しかし、もともとは、子どもを失った親たちが、子どもの最後がどうだったのかを知りたかっただけなのです。しかし、隠ぺいし、真実を隠そうとした権力者がいたのです。それでもめて、とうとう裁判を起こすまでなったのです。教育委員会の幹部は亡くなった教師たちの名誉を守ろうとしたというより、真実が知られるとまずいと思ったのでしょうね。今回の関係者の中でもし悪人を捜すなら、この人だけですね。亡くなった教師たちも悪意があったわけではないのですからね。

まず最初に市教育委員会は生き残った教師の口を封じ、あいまいな説明をし、親たちが、おかしい点を指摘すると毎回くるくる説明が変わったのです。その途中で、市の教育委員会は、生き残った児童や教師に聞き取りをしたメモを処分したりしているのです。児童が学校の裏山に逃げようと訴えた事実も、いったん認めたのに後でずっと否定し続け、もめて証拠から否定できなくなってから再度認めているのです。

真実もだんだんと明らかになってはきましたが、こういうことで、親たちの多くに不信感がつのりました。そして市は第三者委員会を設置して幕をおろそうとしました。しかし、この委員会もことを収めることが主たる目的でした。

その後は、親たちは、裁判に訴える手段しかなかったのです。最初は、親たちは誰も裁判は念頭になかったのです。

「死んだ人のことは悪く言うべきではない、自然災害だから個人的に非難すべきではない」との感情はそのとおりです。ただ、市の教育委員会の幹部が隠ぺい工作を行ったことは、逆の感情問題になりました。

また、大事なのは、事故や災害では、ミスも含めて事実と経緯をうやむやにしたり隠ぺいせずにきちんと調べることが、後世への教訓として一番大事です。それが教師と児童を含めた尊い犠牲の唯一の対価対価です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

adg********さん

2016/10/2819:28:02

この校長、子供の卒業式のために年休とるなんてありえない!
わざわざ一時間もかけて自分の子供の式に帰えるとは…
自分がその立場なら行かない!
そして震災後の学校に何日経って戻ってきたの(笑)いくら道路が寸断されてても、知恵を使えば2日で行けました。無能としかいわざるをえません。学校管理者として危機管理のなさには唖然。2日前に津波きたら、どこへ逃げると話してただけ。マニュアルも甘すぎる。申し訳ないが、高い給料にみあってない!

それから宮城県教育委員会は糞
体質!震災後宮城県教員、何人逮捕者だしてんの?今年に入って5人かな?教員逮捕→校長会開いて指示徹底→逮捕者この無限ループ(笑)おまけにその校長にも逮捕者が出る始末。県民の皆様を裏切って申しわけありませんって何回言ってるの?
また館中学でいじめ問題しかり。宮城の教員は明らかに能力ないので半分はいらない。実際私も数多くの学校を見てきて思いました。自分の恩師でさえも半分以上がコミケ能力、判断力、人間力、視野の広さのなさに驚いた。
まあこのような教員ばっかりだからあの惨事が起こっても不思議ではない。
例えば市の教育委員会には出世コースに乗ってる教員がいる。同じ市内の学校のクレームを言ってもこいつが上手く丸めるから意味ないのです!
宮城県教員は悪い意味で保守体質の典型。

どんな形であれ校長は教育委員会の有無をいわさず、きちんと責任をとるべきでしょうね!

本日、石巻市は控訴しましたね。厳重に受け止めると言ってたのに、2日で控訴か…

また遺族は他県の教育委員会は現場を視察しにくるが、宮城県では来たことがないって本日の河北新聞に出てたな~これが事実なら、宮城県教員委員会はクズだな(笑)そんなクズの組織いらない。

※宮城県でも大正時代に白石市の水難事故で教員が生徒を助けて殉職というのがありました。
小野さつきといったはずです。

宮城県教員よ。彼女と同じ事が出来きますか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる