ここから本文です

1989年大卒への求人数が70万件 1996年大卒への求人数が39万件 2000年大卒への...

men********さん

2016/10/3014:53:25

1989年大卒への求人数が70万件
1996年大卒への求人数が39万件
2000年大卒への求人数が40万件
2009年大卒への求人数が95万件
2010年大卒への求人数が73万件

2016年大卒への求人数が72万件
2017年大卒への求人数が73万件
求人倍率過去最低→2000年 0.99倍
就職内定率過去最低→2003年 55.1%
進路不明者・ニートフリーター・自殺最多→2003年

就職氷河期の四大卒の就職率:文部科学省の統計より(以下は、最も酷かった時期)
2000年 男性55.0%、女性57.1%
2001年 男性55.9%、女性59.6%
2002年 男性54.9%、女性60.0%
2003年 男性52.6%、女性58.8%
2004年 男性53.1%、女性59.7%
2005年 男性56.6%、女性64.1%


ホントですか?

補足>>2000年大卒への求人数が40万件

特にここ以上に少なくない?何があった?

閲覧数:
72
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aka********さん

2016/10/3022:15:12

平成28年度文部科学省「学校基本調査」速報値
卒業:55万9673人
進学:6万7557人
就職:41万8166人
(この内、正社員:39万9032人/※71.3%)
一時的な職に就いた者:1万0183人
就職も進学もしなかった者:4万8867人
その他:1万4970人
※大学を卒業した者の内、正社員として就職した者の割合は、売り手市場といわれる現在でも7割程度です。
ただ、大学院進学者を考慮していません。だから、割合は少な目に出ます。しかし、文系院卒の正社員就職率は悪いですよ。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sut********さん

2016/10/3015:21:00

統計がそうなら本当だと思います。
否定する統計でもあれば別ですが。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる