ここから本文です

うつについていくつか質問があるので答えてもらえると嬉しいです!

oka********さん

2016/11/111:33:10

うつについていくつか質問があるので答えてもらえると嬉しいです!

①うつに喉が渇く症状はありますか?
喉がすぐに渇いてしまうんです。飲み過ぎって家族に言われます。

②うつに攻撃性(イライラする、自他拘わらず暴力を振るう)はありますか?
イライラして物に当たったり、物を壊さないように自分を殴ったりしてしまうんです。

③うつに好きな趣味に興味をなくす症状やいつもやっていた事にやる気をなくさせる。飽きさせるような症状はありますか?
家族に気の持ちようって言われます。

④うつに拒食症と過食症が起きることはあるのでしょうか?
どちらかの症状が出る度に急激に痩せたり太ったりしてしまいます。

⑤家族の言動に苛立ってしまう場合、一緒に住む家族自体がストレスの原因になってしまう可能性はあるのでしょうか?

⑥4年うつを患ってます。治りそうで治りません。将来のために治したいです。お世辞でいいので応援や励ましの言葉をください。厳しい心のない言葉はもう家族に散々聞かされて飽和状態なのでどうか、優しい言葉をお願いします。

どうか、よろしくお願い致します。

閲覧数:
66
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

het********さん

2016/11/111:51:08

①抗うつ剤の中には口渇が出やすいものがあります。
睡眠薬も大体口渇が出ます。

②あります。原疾患だけでなくSSRI(抗うつ薬)でも
攻撃性が出ます。

③まさにうつ病の症状です。

④あります。更に薬にも食欲が増すものがあります。

⑤そういう人もいるでしょう。

⑥治そうとしなくていい、がんばらなくていいんだよ。
傷病手当金や障害年金で経済的なことはなんとかなります。

質問した人からのコメント

2016/11/7 12:43:14

分かりやすく、的確で簡潔だったので好感が持てました!なのでheterodimer1982にBAを送ります。それにしても、聞いてもないことグダグダと描く人達はなんなんでしょうね。質問に答えろって思ってしまいます(笑)

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sir********さん

2016/11/115:35:12

1 普通はない(薬の関係もあるかもしれないので、医師に言うべき。一日でどのくらい飲むかもはっきり言うべき)

2 普通はそうなる(常にじゃないが。あと、暴力はあなたの性格でしょう。私はしなかった)

3 うつの典型的な状態(仮にやってみても、すぐに疲れてしまうと思う)
これがないうつって、ほとんどありえないか、すごく軽症

4 拒食症は出ない それは別の病気。言葉が違う
食欲は無くなる場合が多い。食べることにすら興味が無くなるから
うつにも波があったりするから、食べることの興味がない時期を抜けると、体が食べ物を欲しがって、食べていない時期の分を取り返そうとするから、過食になることはある。
また、薬が効いてきて食べる意欲が出るようになったりする

5 ある
家族とのトラブルは、うつ病患者には日常茶飯事(家族はうつのことを学んでいないので、理解できないのが普通。理解できない相手とは、うまくいかないよ)
一番いいのは、トラブルになる家族を診察室に連れ込んで、医師にどういった状況だったのかを説明する事。
医師は患者を守るので、家族にうつ病を悪化させるようなことをしないよう、はっきり言うと思う。

6 私は経験者
薬が無くなるまで5-6年かかったと思う(前の事だからはっきり覚えていない)
家族に嫌な思いをさせられたことは、私は年に一度くらいだったけど、その家族を診察室に連れて行って(私から直接家族にどう言ったらいいのかわからないから。うつなので頭が働かないし、私が言うと文句になって話にならないから)1分くらいで顛末を話すと、毎回医師が完璧に私を守ってくれた。
医師がその家族に、私にはひどく優しい口調でしか話さないけど、かなりきつい言葉で注意してくれた。家族が医師の話を理解しないと「嫌がっているのだからやめてあげたらいいでしょう」と強い口調で指導してくれた。医師の話は、家族は聞くよ。なんと言っても医師だから。
時には、私が嫌がっているという自覚がない状態で話をしても、医師は家族に指導してくれた。それを聞いて、実は自分は嫌だと感じていたんだって気が付くほどに、医師は敏感に察知してくれて、私が快適に過ごせるよう手を打ってくれた。

精神科医は、私は心から信頼できる。そして、この精神科医だけじゃないと思う。
私は、知りたいことは医師に聞く
ネットじゃなく
とにかく大事なことは、医師とコミュニケーションをとる事
日本人は遠慮の文化があるから、どうしても医師に遠慮してしまう。でもそれは間違い。
コミュニケーションがとれてこそ、適切な治療が受けられる。精神科は特にそう
私は元の性格もあるだろうけど、うつになっても人が怖くない。視線も平気。医師にも、言いたいことは言う(病状が回復してきて、言える状態になってからですが)
無駄話もする「先生、若いですね」(医師は「いやもう若くはありませんよ。子供も三人いるしね」)とか
「そのパンツ、おしゃれですね」 とか
「先生、なんかやつれました?」とか 「先生って、おなかが全然出てないですね」とか・・
(私は家族ともめたりするので)「先生は、親子げんかするんですか?」(医師は「うーん、どっちと? あー、親とは喧嘩したことないねー。そういえば子供とも喧嘩はしたことがないなー。嫁さんとはしょっちゅうだけど(笑う)」)とか

どうでもいい短い雑談すると、医師との距離が縮まります。そうなると、ここであなたが聞いたようなことは、ちゃんとあなたの状態を理解した医師に聞けるわけです。医師も忙しければ、向こうから雑談を切りますから、患者は好きにしたらいいんです。
医師との関係はフレンドリーなので、私の場合は受診すると元気になりましたね。動けないーと車の後部座席で横になっていても、帰りは助手席で座っていたり。
せっかく受診するんですから、受診後に気分がよくなった方がお得です。それには、医師とのコミュニケーションが最重要。

うつの最後の持ち上がりは、時間がかかります。よくなったーと思っても、そこで調子に乗ると、エネルギーが足りなくなって調子は落ちます。その繰り返し
そりゃ、うつで元気がないのだから、調子がいい時くらいは楽しみたいと私も思いましたが、それをやると、せっかく溜まったエネルギーを使い果たしてしまうので、回復にまわすエネルギーが無くなっちゃいます。それでもやっぱり楽しみたいというなら、それだけ長引くことを覚悟でやればいいだけです。
調子が良くても、控えめに生活することは大事。そうすることで、落ち込みが小さくなり、だんだんエネルギーの底上げができるようになります。

文章を見た限り、結構調子がいいのでは?
脳が働いているのがわかりますから。
質問内容を、だらだら文章の中に折り込むのではなく、きちんと箇条書きにして他人にわかるようにしていますよね。これ、調子が悪い人はできません。文章を書くことすら無理。しかも、自分の聞きたいことが何かを、きちんと把握もできてる。

あと、あなたは真面目な方ですよね
仕事もきちんとこなせるタイプ。もともとは、ミスも人より少ないはず
そして、自分に比較的厳しい。こうした方がいいとか、こうしなきゃいけないとかの思考をするタイプ。ずるしようとか、適当にその場をしのげればいいやなんてことはほぼやらないし、重要なことは手を抜かない。
必要なら、しっかり勉強もする。うつじゃなければ比較的優秀な人材で、学校の成績もいい方に思う。暴言や暴力は、もともとは好きじゃない。
求められれば、頑張ってしまうタイプ。
性格、悪くないはず。

うつはね、治る病気
高血圧とか、高脂血症とか、糖尿病とか、痴ほうとか、他にもいろいろ病気はあるけど、ほとんどの病気は治らない(感染症を除いて)
でも、うつは治る

私が自分で これが転機だったなと思うのは、真面目さを自分の中から追い出すようにしたこと。
真面目な人が、不真面目を目指すのって、結構難しい。いつも気を付けて、真面目に考えないようにしなきゃいけないから。
真面目に考えているあいだは、どうしても頑張ってしまう。
うつは、頑張っちゃダメな病気だからね。
だから、真面目じゃなくていいって、いつも自分に言い聞かせて、ひたすらダラダラして、(薬はきちんと飲むけど)自分の中のきまりを破りまくった。
そしたら、とても楽になった。生きることが
社会復帰も、そのうちすればいいやって、今は食べることも着るものも住む場所もあるし、とりあえず困らないなって。適当にしていれば治る病気なんだから、そのうち嫌でも復職するようになるから、復職したらその時に考えればいいやって。復職したらお金も多めに実家に入れればいいから、今はパラサイトすればいい。どのみち働けないのだから。
そんなことを思うようになったら、無駄にエネルギー使わなくなって、軽くなった。
努力は、一切やめた。不真面目で良い。
そしたら、ぐっと良くなった。
私の家族は文句は言わないけど(医師のおかげも大きいと思う)、あなたの家族は文句を言うみたい。可能な限り、無視したらいい。だって、病気なんだから。あれこれできるわけないんです。
気の持ちようで済むなら、病名は付きません。
あなたの家族は専門家じゃない。
専門家である医師が、うつ病というのだから、病気なんです。
それを、素人の家族が否定できるわけがない。ですよね
可能なら、家族を診察室に連れて行き、医師から病気の説明をしてもらうといい。あなたは病人なのだから、病人扱いしてもらうのが適切ですから。

うつの知人が3人いました(うつになる前に知り合って、今は全員治ってる)
一人は、三カ月で治ったし、一人は2-3年。(二人とも復職)
もう一人は、全身のけいれん発作を起こして意識不明になったり、自殺未遂(高速道路のカーブに120kmで突っ込んだ)までやって、薬の大量服用も週に2-3回やってたけど、私より早く治って仕事してた。
三人が全員結婚もした。

治りますよ

eys********さん

2016/11/112:38:10

うつ病を治したいとうお気持ちはわかります。
ただ 脳にアクシデントがあれば治りません。

しかし、脳の癖、思い込み、基盤と仕組みの
改善で 症状が消える場合もあります。
カウンセリングとコーチングと
目標達成の脳に変えるというようなプログラムの受講
等で 改善する可能性はあります。

ただ どこまでもつきあってくれるコーチャー
メンターがいないと改善は難しいです。

改善策はいくつもあるのですが 日本は脳生理学が
学問と位置付けがないです。ですのでご家族に理解がないと
脳の基盤から改善するプログラムは受けてもその効果が
どの程度でるかもわかりません。

実際に改善させている人もいます
お薬で症状が押さえられているだけの人もいますので
実際は難しい問題です。

9割の人が 治そうと思わずに・・・という道を
選択します。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる