ここから本文です

版権元へ許可をとる行為について。よくわからないので、失礼なことがあったらごめ...

アバター

ID非公開さん

2016/11/421:49:37

版権元へ許可をとる行為について。よくわからないので、失礼なことがあったらごめんなさい。
批判の意図はないです。ただ純粋に疑問なので、教えて下さい。

一昔前、ネットがまだ一般的に普及する前は、同人誌を発行する際や即売会などでも版権元へ許可を取っていた時代があると知恵袋やツイッターで見かけました。
現代においては、版権元から見て見ぬふりをしてもらっているから同人誌を発行したりできるので、問い合わせなど言語道断!って感じですよね?実際、ツイッターで問い合わせたら許可もらえたよ!って人がたたかれて炎上しかけているのも見たことがあります。
私は問い合わせてOKもらえる場合もあるのだから、問い合わせ自体は悪いことではないと思うものの、
見て見ぬふりしてもらっている状態で、「問い合わせられたらオーケーとは言えない」ってツイッターで言ってる権利者側?の意見もあるということで、確かにやみくもに問い合わせるのもよくないのかなぁ。とも思います。
そこで疑問なのですが、一昔前(まだそんなに同人誌の数も多くない頃の話だとは思いますが)は版権元に問い合せるなりで許可をもらって活動していたという経緯があるのに、今は問い合わせてはいけない理由を上記以外で教えてください。
数が多くて許可出すにも出し切れなくなったとか、自然に黙認と認識して活動するようになったとか調べたらでてきましたが、それなら上記のパターンで問い合わせること=絶対ダメ!とまではならないと思うので疑問です。

閲覧数:
792
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ast********さん

2016/11/512:55:26

釈然としないかもしれませんが
経緯があって、現状に落ち着いていると理解ください

まずサークルがあまりにも桁単位で多くなり申請を毎回受け付けていては版元の業務が滞ります
また許可を出した以上同人業界まるごと監視し無許可を見つけるなど途方もない労力と経費と人員とシステム作りが必要になるのですが
負債を負ってまで版元が遂行するにはデメリットしかありません

そこでファン活動という言葉を用いファンと版元がお互いを尊重し暗黙のルールで
波風立たないようにしようよ、というのが現状の見て見ぬふりなのです

ただ時代が流れ個人の価値観の多様化、集団生活やマナーの教育不足などから
自分勝手な人が出てきてしまい
ネットの急速な発達から少数の意見も声が大きくなって炎上してしまう現代に
空気を読むといった昔ながらのシステムでは対応できなくなってしまいました

先のベーカー先生事件などがそうです
版元もわざわざ言ってこなければ『嫌な対応をしなくて済んだ』のに
しかもネットで堂々と公言してきたもんだから
言葉一つ対応を間違えればどう自分に(版元に)炎上されるかわからない
担当者はテンプレート的な返答をしつつ冷や汗ものだったと思います


私は問い合わせてOKもらえる場合もあるのだから、問い合わせ自体は悪いことではないと思うものの、>
これですが、著作物の使用、版権許可ってのをあなたの認識が足りない気と感じます
まず版権許可というのは数千、数万個単位の商品を販売する時
またはそれに近いサービスを提供する際に発生する版権料が必要となります
版権料を発行するにあたり上記のような労力などを費やしても利が無ければ企業として動けません
数百万円、数千万円という規模です
それを対応するだけ損をする同人誌のチェックをすると思いますか?

赤字でも許可を出すなら、それはボランティアです
責任も負わなければならないしクレーム処理もしなければなくなる
なら最初から版権フリーにして同人OKとする訳です


例外的にフィギュアなどの模型イベントでは赤字でも版元が協力して
審査、監修、許可をしてくださるところもあります(当然最初から審査不能という版元もある)
当日版権制度というのですが、これも版元、イベント主催、ディーラー(サークル)の信頼関係のみで成り立つあやうい、不完全なシステムです
信頼、なんですよ

同人誌の見て見ぬ振りも信頼関係で成り立っています
版元からはファン活動の域を出ないこと(下記は一部です)
・版元に損害を与えない
・原作に損害を与えない(悪いイメージを世間に与えないなど)
・管理する版権を利用して過剰な利益を出さない
・他の法律は守る(納税や青少年育成法など)

上記のパターンで問い合わせること=絶対ダメ!>
単純にファン活動と版元や業界全体との信頼関係を損ねる行為だからです

本当に問い合わせるなら同人誌を作らせてくれ、ではなく
商業誌として正式に契約を結ぶべきなんです

そもそも二次創作の同人誌が色んな意味で危うい存在と認識しているなら
堂々と版元に問い合わせるなんてできないはずです

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pep********さん

2016/11/507:25:32

現役グッズサークルです。
元々模型製作で活動しているので(自力含めて)版権取得なども経験があります。

>それなら上記のパターンで問い合わせること=絶対ダメ!とまではならないと思うので疑問です。
確かに問い合わせが多い事もあり業務に支障が出ることもママあるようです
が、一番の問題は、非常識な問い合わせが多い事じゃないかなぁ

自分も権利者や、代行?仲介?の方からの又聞きだけど。
ライセンシーとライセンサーの関係なにの、そういう問い合わせでない事が多い様です。
まぁ、基本 特に同人だとファンの方からの問い合わせが必然的に多くなると思いますが
問い合わせが、著者とファンなら許せる事でも、ビジネスの話ですから…
ちゃんと立場をわきまえないといけないかと
行動力は、あるんだろうけど…ビジネスマナーや常識が付いてきていないようですw
ぶっちゃけ、権利者は、業務なので対応せざる負えないけど
実際は業務妨害でしかないw
そう言う問い合わせが多いようです。

かく言う自分も最初期に、それを注意されましたw
が、自分は運が良いことにその時の窓口担当会社の社長さんから
(版権窓口が、常に権利者会社にあるとは限らない>これはコンテンツビジネスでは常識
こういう(業界?)常識さえ知らない人が、業務妨害みたいな問い合わせをしてしまう…)
ご指導していただいた事で、業務妨害をするような問い合わせはしなくなったけどw
(そういう意味では、そのときは、迷惑な問い合わせをしちゃったんだろうなぁと思う)

・一般常識
・業界の常識
・ビジネスナマー
この辺が、欠けている問い合わせが多いようですよ。
というか、そんなのばかりだとかw
更に法律や商売の事も知らない…
(版権許諾は、趣味や遊びじゃないから…)

現在は、ガイドラインでアマチュアの利用に限れば許諾を省略することが増えてきています。
それ以外は、あくまで内輪で楽しむ分には、厳しき取り締まる権利者は少ないです
かの有名なディスニーだって、ファンアートには、協力的ですよw
それを使って商売(モドキ?)が厳しいだけで

もし、商売の真似事をしたいなら、ビジネスマナーと最低限度の業界の常識を理解していないと…
もちろん、一般常識がある事大前提だけど

数百数千の出版を、私的利用と考えている権利者は、まずいませんw
この辺の常識からかなぁ

また、本来の版権許諾には、最低でも数十~ビックタイトルなら数百数千万とかの契約金が必要なのも
業界と言うか、商売の基本だと思います。
それを中には、数%~十数%のロイヤリティーだけで文句言うような方は、コンテンツビジネスに向いていないかと
(サンプル提出だけでも文句を言っている人を見たことあるなぁ…海賊版?でも売る気だったのか?)
ってか、商売に向いていないと思う。
版権許諾って、そういう仕事だから…

もちろん中には、(コネで)無料とかで利用できることもあるでしょうけど
そう言う自慢自体が権利者に迷惑がかかる事があるんです。
そんな事を知れば、多数の人が飛びつくよねw
個人の権利者なら、問い合わせだけでパンクするよw(小さい会社でも)
だから、余計な自慢話はしないのが、マナーかと

窓口を開放しているところが、必ず公式HPなどで公開されていますから>アマチュア版権

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる