ここから本文です

ATPとは何ですか? イマイチ分かりません。 細胞のエネルギー源なのですか?それ...

wat********さん

2008/5/2121:51:25

ATPとは何ですか?
イマイチ分かりません。
細胞のエネルギー源なのですか?それとも細胞が出すんですか?

閲覧数:
174,758
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aqu********さん

編集あり2008/5/2209:02:09

筋肉を動かす時のエネルギー源となる物質はATP と呼ばれていて、ATPはアデノシン三リン酸(DNAの構成要素であるアデノシンにリン酸を二つ余計にとりつけたもの。いいかえればADPとリン酸が酵素の働きで結合したもの)のことですが、化学エネルギーの通貨ともいわれています。分かりやすく言えばATPはリン酸基が3つあり、1つのリン酸を放出した時に(ADPになります)エネルギーを出す物質ですので、細胞自体から発生するものではありません。

私達が食事で摂取した炭水化物、たんぱく質、脂肪は人体で消化吸収され、その分子は三つの段階(解糖、クエン酸回路、電子伝達)を経てエネルギー源となるATP=アデノシン三リン酸をつくります。

これは「クエン酸サイクル」を知るのがその働きが分かりやすいのですが食事から摂った糖質・疲労の原因物質である乳酸 体脂肪などを分解し、エネルギー(筋肉)に変換するサイクルのことで、下記サイトが比較的分かりやすいと思います。
http://www2.tokai.or.jp/shida/heaith_assist/ATP.htm

「atpとは」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる