ここから本文です

『世界CO2排出363億㌧!増加が止まった!中国の石炭火力規制が効果!』 2016/11/15...

blue_train22さん

2016/11/1520:35:08

『世界CO2排出363億㌧!増加が止まった!中国の石炭火力規制が効果!』 2016/11/15


世界CO2排出量は、2014年以降3年間横ばいで、増加が止まった!


しかし、一方で、地球の気温も海水温も上昇を続けている。
いずれ、日本近海の海水温の上昇で、10m高さの高潮を伴い風速80mのスーパー台風が、日本列島を襲うようになるのでは?

コンクリート建物でも吹き飛ばされる?
農業ができなくなり、深刻な食糧危機が来る?


今後は、さらに、温暖化の要因である、
・CO2の大幅削減 (石炭/石油火力や自動車)
・原発の温排水 (LNG火力の3.5倍の海水温暖化装置だ)
・火力の温排水 (熱効率の悪い石炭/石油火力)
・牛を中心とした家畜によるメタン排出
・森林伐採 (CO2吸収力の低下)
などに対して、もっと積極的な対策を行なうべきでは?



・・・

◆CO2排出国Top4(2015年)
1位:中国:104億㌧:29%:前年比0.7%減
2位:米国:54億㌧:15%:前年比2.6%減
3位:欧州連合(28カ国):35億㌧:10%:前年比1.4%増
4位:インド:23億㌧:6.3%:前年比5.2%増

※日本:12億4000万㌧:3.4%:前年比2.2%減



・・・

『今年の世界平均気温、過去最高更新 世界気象機関が警鐘』 2016/11/14 朝日

「世界気象機関(WMO)は14日、2016年の世界の平均気温が15年を超えて観測史上最高になるという見通しを発表した。昨年は産業革命前の平均からの気温上昇が初めて1度を超えていた。
地球温暖化で、極端な熱波や洪水が増えるとし、温暖化の国際ルール「パリ協定」で各国が対策を進めることを求めた。」



『世界CO2排出量、2014年以降、3年間横ばい。363億㌧。中国の石炭火力規制が効果。ただ、パリ協定の目標達成には不十分。毎年0.9%減を2030年まで継続が必要。国際研究チームが公表』(RIEF)
2016-11-14

「国際的な気候変動研究機関であるGlobal Carbon Projectは「2016年Global Carbon Budget」を公表した。それによると、化石燃料の燃焼による世界の二酸化炭素(CO2)排出量は2015年が363億㌧で、16年も0.2%増の見込み。3年間はほぼ横ばいになる。世界経済の成長率が3%を超える中で、排出量の伸びが1%以内のとどまるのは、中国の石炭火力抑制による排出削減効果が大きいという。

化石燃料からのCO2排出量は2013年までの10年間で年平均2.3%の伸びを示してきた。それが14年には0.7%増にとどまり、その後、ほぼ横ばいで推移していることになる。

報告を取りまとめた英East Anglia大学のTyndall CentreのCorinne Le Quéré教授は「経済成長が強い中で3年間ほぼCO2排出量が横ばいになったことは予想外だった。このことは温暖化対策が効果を上げることを意味している。ただ、その対策は十分ではない。CO2排出量が伸びないだけでなく、減少に向かわせなければならない」と指摘している。

最大のCO2排出国である中国の2015年の排出量は104億㌧で、排出量シェアは世界全体の29%を占める。ただ、伸び率は前年比0.7%減と2年連続で減少した。中国は5%以上の経済成長を10年以上続けているが、16年も0.5%程度の減少になる見込み。

国別では米国が54億㌧で、前年比2.6%減と下がった。オバマ政権による石炭火力使用規制の効果の一端が表れた形だ。世界の排出量シェアは15%。16年も1.7%の減少が見込まれている。ただ、トランプ政権になると、来年は増加に転じる懸念もある。

減少傾向が続いていた欧州連合(EU:28カ国ベース)は35億㌧で1.4%増に転換した。排出量シェアは10%で世界第三の排出量となる。インドは23億㌧で5.2%増と、全体の伸びが鈍化する中で、目立って増えている。インドの世界全体に占める排出量シェアは6.3%。

日本の15年の排出量は12億4000万㌧で、前年比2.2%減。排出量シェアは3.4%だった。

CO2排出量の横ばい傾向がみられた一方で、大気中のCO2量は400ppmを超え、過去最高となった。化石燃料からの排出量が横ばいとなるなかで、大気中のCO2量が増えている主な理由は、CO2吸収源である陸地と海洋の機能低下が大きいとみられる。

陸地の場合、熱帯雨林の森林伐採に歯止めがかかっていないことと、海洋ではエルニーニョ現象の長期化で、海洋の温度が上昇、CO2吸収力が低下し続けたことが影響したとみられる。

化石燃料からのCO2排出量が横ばい傾向にあるとはいえ、 地球温暖化防止の新たな国際枠組みであるパリ協定が目標とする世界の気温上昇を産業革命前から2℃未満に抑制することを実現するには、排出量が横ばいでは不十分で、2030年までに年間0.9%の減少が必要だと指摘している。」



・・・

◆原発は火力の3.5倍の海水温暖化装置だ!

・熱効率;原発30%以下、LNG火力60%以上
・100万kWの電力を得るために、無駄に海に排出する熱量は、原発233万kW、LNG火力67万kWだ。
・100万kWの原発1基は、1秒間に70トンの海水を7℃温める。

すでに不要になった原発、即時廃止すべき!


CO2排出量,CO2吸収力,横ばい,前年比,Tyndall Centre,CO2,blue_train22

閲覧数:
126
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kihoi_4167さん

2016/11/1605:36:20

原発の温排水が海水温暖化装置なんて科学理論は
何処にも無いんだがねぇ?なんでそういうウソ吐くの?w

反原発屋にとってCO2が温暖化の元凶とされるのは
やはり都合が悪いようで、必死になって「そうじゃない。」
ってニッチ理論を探し出して来るのが失笑ものである。

気候変動政府間パネル(IPCC)は2つの国連機関――
国連環境計画(UNEP)と世界気象機関(WMO)が集まって
出来た組織だが、パネルは、ボランティアの立場で貢献する
何千人もの優れた科学者や専門家の世界的ネットワークで、
問題に関する科学的な研究を見直し、彼らの、査読を経た
技術論文のうち約97%が「CO2は地球温暖化に悪影響を
与える。」という結論を導き出している事実を基に将来への
方向性を示すために活動している。

つまり、「そうじゃない!」と必死に喚き散らすバカは
世界で3%ほど存在するらしい否定論文を探し出して来て
声だけ大きく喚いてるに過ぎないんだよ。
分かるか?>blue_train22という嘘吐き野郎!

そんなもんにどれだけ説得力が有るんだ?
既にCO2悪者論は『世界の定説』だ。当たり前だろうが。

ちなみに、IPCCが提示した世界の科学者の警告を証拠と
して1997年の京都議定書は批准国の合意を得て発効されている。
IPCCは、その意義深い活動を評価され、2007年ノーベル平和賞を受賞している。

当然だが、blue_train22のいう「原発を廃止すべき。」などいう
戯言は『この一言でこいつは大嘘吐き!』を証明している。

【これ重要!】
↓ ↓ ↓ ↓
地球温暖化防止の為、今や原油産出国のUAEやサウジアラビアでさえ
原発の推進に舵を切っているという現実が「CO2削減に原発は必要」
という事実を物語っている。

原発の温排水が海水温暖化装置なんて科学理論は
何処にも無いんだがねぇ?なんでそういうウソ吐くの?w...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2016/11/1609:15:19

まぁまぁ、回答者の皆さん、そう力まずに(笑)

こいつの妄言は昨日今日の話じゃないんだから。

下手な漫才よりおもしろいと思って見てますよ、私は。

プロフィール画像

カテゴリマスター

chijiu0055さん

2016/11/1608:58:53



未だ、営業活動やってるの? 何処の組織関係者? 霞ヶ関?住人なの?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。