ここから本文です

刑務所入ったら前科ですか?

アバター

ID非公開さん

2016/11/1615:46:47

刑務所入ったら前科ですか?

執行猶予だったら前科つかない?

閲覧数:
1,562
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mit********さん

2016/11/1615:52:12

執行猶予がついても、前科です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jai********さん

2016/11/2221:56:31

よく勘違いしている方がいますけど、逮捕されても実刑判決を受けなければ前科ではありません。
執行猶予は執行を猶予されているわけなので、前科ではないのです。
もちろん逮捕歴は一生残りますが。

プロフィール画像

カテゴリマスター

shi********さん

2016/11/2212:17:52

前科とは刑事裁判において有罪を宣告され、それが確定した時点で付くものです。執行猶予とは、有罪判決を受けた者に対して情状によりある一定の期間、服役を猶予するという裁判長が判決の中で付与することができるものですから、執行猶予が付いたとしても有罪には変わりありませんので、前科として記録されます。

なお、前科は生きている限り記録として残ります。交通違反の罰金刑を除くすべての刑罰を受けた者は、検察庁が管理運営している犯歴者情報データベースに登録されています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nul********さん

2016/11/2211:52:29

執行猶予期間中は前科者となります。
実刑となり刑務所に入り、出所した後一定期間は前科者となります。
また、罰金刑についても刑の重さによって前科となる場合があります。

前科とは法的に制限を受ける犯罪前歴者すべてを指すとすれば、
その他特定の罪状等によってある程度の権利に制限がかかるものがあります。

前科とは狭い意味で国家資格の一部を失ったり受験資格を失う等
法的に権利を制限される身分を指します。
それは無期以上の刑罰でない限り生涯続くものではなく、
有期刑以下の者は刑期を終えた後一定期間を経過すれば消滅するものです。

罪を犯すことによって法的な制限を受けるのは刑罰と前科のみです。
それ以外には制限はなく、
前科が消滅した後は法的には過去の犯罪歴によって受ける制限はありません。

なお、前歴者として前科消滅後も犯罪歴は生涯残り
再犯時の不利な証拠となります。
ただし、前歴は前科とは全く異なり、一切の権利に制限を受けるものではありません。

ell********さん

2016/11/1717:50:54

前科と言うのは起訴されて裁判所の法廷で審理される被告人と言う立場になった時。

裁判で有罪判決となり執行猶予が付いても前科として一生残る。

刑務所に収監されるのは実刑判決であり
刑務所に入るとか入らないではなく上記に述べたように懲役何年、執行猶予何年と判決を受ければ、それで前科となる。

下の回答者は、ごちゃごちゃと長く書いて、
ややこしくなっていて執行猶予が終われば抹消とか訳の分からないデタラメを書いてるが、執行猶予期間を終えても
「前科者」となる。

chi********さん

2016/11/1616:49:11

前科とは、正式な法律用語ではありませんが、一般に、裁判所で被告人が刑の言い渡しを受けることをいい、その効力が有効であることをいいます。「前科が抹消される」というのは、刑の言い渡しの効力が消滅するということを指します。
そして、執行猶予というのは、裁判所が、被告人の有罪は認めるが、実際に刑(例えば懲役何年とか)を執行するのをある一定の期間猶予し、その間に新たに犯罪を行わなければ刑の効力が自動的に失われるというものです。
したがって、刑の効力が有効である時は(つまり執行猶予期間内)は、少なくとも「前科なし」とは言えないでしょう。執行猶予期間が経過すれば、刑の効力も失われるので、前科も抹消されると考えてよいと思われます。
ただ、前科(者)という言葉を「刑の言い渡しの効力が有効である(人)」ではなく、シンプルに「裁判所で刑の言い渡しを受けたことがある(人)」というふうに捉えるならば、裁判所で有罪であることが確定した人はみんな前科がある、といえます。そういうわけで、前科というもの(の定義)を質問者さんがどう考えているかによって、以上のように、解答も変わります。もともとが正式な法律用語ではないので、そもそも法律的に答えることがちょっと難しいですね。
なお、蛇足ですが、執行猶予期間が経過したからといって、犯罪者でなくなるわけではありません。執行猶予というのは、要は、罪と罰の「罰」の方に関係するものであって、「罪」の方に変動はありません。他方、警察段階での微罪処分とか、検察段階での不起訴処分では、犯罪者のレッテルが貼られることはないです。犯罪者とは、裁判所が有罪であると認めた人のことなので。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる