ここから本文です

▼ こんばんは、全日本プロレスです。 平成2年頃の全日の若手レスラーのタイツは...

THE ★ REVOLUTIONさん

2016/11/1808:22:43

▼ こんばんは、全日本プロレスです。

平成2年頃の全日の若手レスラーのタイツは華やかでした。
菊地の日の丸、川田の水色、小橋の蛍光色、小川のピカソ

三沢のグリーン、北原の三角ラインなど···。
これらのコスチュームのデザインやカラーは自分自身で
考えるのですか? わざわざイラストまで描いたりする
姿が想像出来ません、菊地選手が旭日旗をイメージするの?

補足▼ 三沢は、レッドやブルーも、ありました。
北原は、黒のロングと見せかけ実は膝下でした。

閲覧数:
118
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tks********さん

2016/11/1820:44:19

小川良成デビュー時の、阪神タイガースカラーのロングタイツや、フットルースの派手なタイツとバンダナは、天龍の発案だそうです。
天龍いわく「あの頃の日本人レスラーって『恥ずかしい』というのが先に立っちゃってコスチュームの重要性を理解していなかった」とのことです。

天龍革命以降、コスチュームを意識するレスラーが増えたのではないでしょうか。
(でも、さすがに菊地の旭日旗は、菊地のアイデアではなくお仕着せだと思います)

とはいえ、細かいデザインまでするとは思えないので、せいぜい色とイメージを伝えるくらいでしょう。

小橋が黒に銀の文様のようなものをあしらったタイツに変えた時、小橋がデザイナーに出した要望は「黒をベースに大人っぽいものを」という、ざっくりとしたものだったそうです。


なお、天龍がWARを旗揚げした時、黄色のショートタイツを作ってみたそうですが、あまりにも似合わなかったのでやめたそうです。
そこで、もったいないから冬木に「サイズ合うか?」と言って渡したらピッタリで、「じゃあやるよ」と、冬木にあげたそうです。
以降黄色が冬木のイメージカラーとなりました。

質問した人からのコメント

2016/11/19 02:25:07

▼ ありがとうございます!(納得)
色とイメージ程度ですか、なるほど。
あと、面白い事も聞けました。
冬木のタイツに、小橋のタイツも···!
大収穫でしたね···回答者さんに、 400へぇ。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

桃仁華さん

2016/11/1819:45:26

デザインは、その団体の専属のデザイナーとか、どこかに受注するみたいですが、選手のコスチュームのカラーなどは自分で決めるようですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる