ここから本文です

輸入住宅の木材について このたび輸入住宅の購入を考えております。

アバター

ID非公開さん

2016/12/121:23:42

輸入住宅の木材について

このたび輸入住宅の購入を考えております。

予算:2000万以下
坪:35~40坪
色々と情報を集めた結果、日本の輸入住宅メーカーのほとんどがSPF材を使用しているというを知りました。
ダグラスファーを使用したほうが作りが丈夫な家ができるということですが取り扱っているメーカーがほとんどなくあっても自分の予算を超えてしまいます。
そこで何かほかにないかと調べていたらSPF材の中でもJグレードというものがありそれを使っているので安全という記載がありますが実際どうなのでしょうか?
Jグレードといってるがこれは単に日本の輸入住宅メーカーが勝手につけただけで大工さんなど専門の人から見たらそのへんのSPF材とたいして変わらないのではないのではないか?と不安に感じております。
また他にもSPF材で2x4ではなく2x6なるものを採用しているところもありました。
SPF材の使用でも2x6にすれば家ももつんじゃないのか?と少し期待の思いもでてきました。

質問をまめると
・SPF材のJグレートというのは普通のSPF材と本当に強度などは違うのか?建物に適した建材であるのか?
・SPF材(Jグレード)の使用でも2x6にすることで家の強度は保たれるのか?(50年しっかりと建ってくれるのか)
・外壁をレンガにすれば構造材をいくらか保護することができるのか
・間取りや坪の大きさを妥協してダグラスファーで建てたほうが良いのか

※SPF材は白蟻に弱いというのはベタ基礎や防蟻処理をすればなんとかなるのかなって思っています。
湿気や雨水ですぐにボロボロになるという記事を拝見しました。

よろしくお願いいたします。

閲覧数:
137
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2016/12/122:49:12

お察しの通り、jグレードとはJapan向けグレードの意味で有って、明確な基準が有るわけでは有りません。
本場アメリカの2×4で使うSPFは日本人的感覚では、これを使って良いのか?と思う物が入っているので、これを排除していると思えば構わないかと思います。(多少の腐れや割れ、ノタ付何て平気で使っているし)

次に、耐震強度上、壁材において、2×4と2×6、SPFとダグラスファーの間に差はほぼと言うか、まるで有りません。
そんな馬鹿なと思われるかもしれませんが、耐震試験でもろに出ています。
理屈を説明すると長いので飛ばします。
2×4と2×6の差は壁厚の差による断熱材の量の差から来る、断熱性能の差だと思って下さい。

SPFとダグラスファーでは、圧倒的にダグラスファーの方が耐久性は有りますが、如何せん、その前にベニヤがダメになったら何ともならないので、2×4部材だけ耐久性の良い物にすれば良いという物でも有りません。

外壁をレンガにすればと有りますが、これも関係有りません。
どんな外壁であれ、水を侵入させずに、湿気を籠もらせ無ければ良いのですので。
レンガにすれば、外壁塗装が要らなくなるので、メンテナンスコストは下がるでしょうが。

防蟻も加圧注入ではなく、塗っただけならば、10年程度しか保たないと思って下さい。

じゃあ、在来の方が良いかと言うと、現在、大壁工法で、構造部材を壁材で隠蔽してしまうので、事実上同じと思って貰って差し支えないです。

多くの人が誤解していますが、結局の所、どんな工法、材料であろうと、定期的なチェックとメンテナンス以外に家を長持ちさせる方法は無いのですよ。

従って、30年とかの超長期保障とかをしているハウスメーカーの家は、定期検査と塗装等の修繕が、セットになっている筈です。

と言っても、精神衛生上の(例えば検査と検査の間の期間は保つのかと言ったような)問題は有りますので、ダグラスファーに外壁面だけでも、タイプ1の構造合板で作らせるのも有りかとは思いますが。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mb300dt88さん

2016/12/123:25:33

・SPF材のJグレートというのは普通のSPF材と本当に強度などは違うのか?建物に適した建材であるのか?

以前は輸入住宅の仕事をしてました。
Jグレートと聞けば、いかにもよさそうですが、最低のランバー材です。
日本人は見た目がきれいな木材の方が良いので、白くて、節もない木材ですが、スカスカでくぎ打ち機で釘を打てば1センチくらい、めり込むような木材です。
北米の木材業者保護のために、政治的配慮で、日本人は最悪の木材のみを買わされています。SPF材、特にJグレートの怖さをよく知っているので、自分が家を建てる時は2x4では建てませんでした。

・SPF材(Jグレード)の使用でも2x6にすることで家の強度は保たれるのか?(50年しっかりと建ってくれるのか)

2x6にすれば少しは違いますが、元々、良くない木材で建てるので、期待はしない方が良いです。
家がだめになる大きな要因は、壁内結露です。グラスウールに防湿シートの組み合わせでは、壁内結露は避けられません。これは2x4も在来工法も一緒です。
私の知り合いの家はたった二年で、壁内結露で家がボロボロになりました。
北米ではほとんどグラスウールは使いません。
多くの家はセルロースファイバーを使用してます。残りは別の断熱材です。

・外壁をレンガにすれば構造材をいくらか保護することができるのか

レンガとタイルは違います。タイルは耐久性がありますが、レンガは水を吸い込むと劣化が早いです。スライスレンガを使用すると日本では落下しやすくなります。雨が多いのと目地を日本では完全に埋めないからです。現地ではレンガとフラットになるまで目地を入れます。日本では入れないので落ちやすくなります。
レンガやタイルは重量があるので、木造の建物には大きな負担になります。
耐震性も弱くなります。

日本では日本流の2x4に改悪されてます。土台も現地は2X10でたっぷりと使われてます。日本では在来工法と同じ土台になってます。スタッド(柱)の本数も日本流の2x4は減らされてます。(北米は406ピッチ、日本は455ピッチでスタッドが入ります)日本でも一部の建築会社が406ピッチを導入してます。
現地では2x6がほとんどで、柱の本数も多いので家の強さが基本的に違います。

・間取りや坪の大きさを妥協してダグラスファーで建てたほうが良いのか

確かにダグラスファーで2x6が一番ですが、日本で手に入るダグラスファー自体がそれほど良いグレードの木材でないです。ダグラスファーなどの質の良い木材は世界的に不足してます。カナダあたりでもJグレードに近い木材を安い家では使いはじめています。

※SPF材は白蟻に弱いというのはベタ基礎や防蟻処理をすればなんとかなるのかなって思っています。

防蟻処理はせいぜい、持って5年です。今は、シロアリが生息していない地域の森林の木材を日本に輸入して家を建ててます。これは2x4だけでなく在来でも使われてます。
シロアリに喰われ始めるとあっという間です。
シロアリ生息地域の木材は木材の中にシロアリが嫌がる成分を含んでます。

輸入建材自体が日本の気象条件に合っていません。非常に壊れやすいです。
北米あたりのホームセンターは家が一軒建つだけの豊富な部材を販売してますし、保守部品も販売してます。2x4の規格で統一しているので他のメーカーの建材をホームセンターで買ってきても入れ替え可能です。建材の環境が違います。壊れたら施主が自分で直すが基本です。
窓などは日本製を使ってないとひどい目にあいます。

うちは輸入住宅のスタイルだけを取り入れています。在来工法です。
玄関などはフラットです。やっていたからわかりますが、あちらの建材を使う気にはなりません。
夢をぶち壊すようですが日本の建築事情はこんなものです。

sj59hさん

2016/12/123:25:22

湿気や雨水ですぐにボロボロになるのは材料のせいではありません。
断熱などの基本性能と施工技術が低すぎるせいです。
それを日本の気候のせいにする人がたくさんいます。

最近では高性能住宅のほとんどが2x6と付加断熱です。

水回り、雨漏り、などメンテは必要ですが、結露しない性能なら
欧米のように150年とか普通に持つと思います。

外壁がレンガの場合、国産のサッシはほとんど半外付けなので
数十年後のサッシ交換が大変です。
価格と性能からしても輸入サッシがおすすめです。

煉瓦もできる輸入屋なら住宅性能について詳しいかもしれません。
セールスマンでなく社長あたりに聞いてみてください。
正しい知識をもってる可能性が高いです。

Jグレートとは日本のホームセンター向けの低いグレードです。
ねじれが目立つなど精度が低い可能性が高いです。

SPFのFは米松すなわちダグラスファーです。

私の場合こだわったのは性能と価格です。
しかしローコスト高性能住宅屋を探すのは至難の業です。
相当な時間と知識が必要になります。

輸入住宅に目を付けたのはいいと思います。
個人でコンテナを持ってる輸入住宅屋などは安いと思います。
しかしほとんどが輸入住宅モドキなので御注意を。
セルコホームでさえ日本の部材を多用します。
性能は悪くないです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。