ここから本文です

ミナミヌマエビが、なぜか赤くなって死んでしまいます。なぜ?

soc********さん

2016/12/803:20:23

ミナミヌマエビが、なぜか赤くなって死んでしまいます。なぜ?

水槽の環境は、温度26度、45センチ水槽、フィルター エーハイム7000円くらいの、PH6くらい、プラチナソイル、熱帯魚 グラスキャット5匹 エビ10匹、水草はマツモだけ。週2で掃除
これらの条件で3週間くらいたつと全滅します。エサは週に2回くらい(エビ)

閲覧数:
65,722
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sho********さん

2016/12/809:25:47

ミナミヌマエビが赤く茹で上がったように死んでしまう事がありますがこれはヤマトヌマエビやミナミヌマエビなどの甲殻類にはアスタキサンチンと呼ばれる物質が存在しており、β-カロテンやリコピンなどと同じくカロテノイドの一種で甲殻類ではタンパク質と結合し、カロテノプロテインとして存在しています。

タンパク質と結合したアスタキサンチンは黒っぽい青灰色をしていますが加熱によりタンパク質分子が変性してアスタキサンチンが遊離すると、本来の赤色になるためエビやカニなどを茹でると赤くなるのはこの現象に由来するものです。

ただ水槽内で赤くなって死んでしまう場合は高温によるタンパク質分子の変性とは関係が無くアンモニアによる変性が考えられます。

水槽内のアンモニア濃度がエビなどの致命傷となる数値よりも高くなるとあるラインを境にアスタキサンチンよりもカンタキサンチン組成比の高いカロテノイドが生成されるためピンク色に見えるようになるのです。

カンタキサンチンとはフラミンゴが餌から摂取したアスタキサンチンを変換することで生成し、ピンク色の元としている物質でもあります。

とこんな感じで私の知り得る知識上限ギリギリのラインで難しそうな話をしてしまいましたが簡単にまとめるとアンモニア濃度の影響で体内の物質に変化が起きているという事になります。

アンモニアは水槽内のpHや水温とも因果関係がありpHが7.3を超えた辺りから急激に増加する上、水温が高くなるとさらに増加する傾向があります。

逆にpHを7以下に抑えていればアンモニアよりも毒性の低いアンモニウムイオンの状態で存在するために生態に対して影響は低いのです。

よってアンモニア中毒によるエビの大量死を防ぐにはまずは何よりアンモニアを分解する微生物の管理が大切ですがその他にもpHを弱酸性に保つことや夏場の水温上昇を抑えるなどの対策が不可欠となってくるのです。

とこれがアンモニアとエビの死の関係ですが文面からするとphと水温には問題が無いようです。

あとはアンモニアがしっかり分解されているかですね。

水質検査をしながら様子を見て見てください。
水槽内ではアンモニアが亜硝酸に変化し、さらに硝酸塩に変化しますが立ち上げたばかりの水槽にはアンモニアが多くなります。

もし掃除の仕方や水質管理の仕方を間違えてしまうと常に立ち上げたばかりの水槽と同じ状態になりアンモニアによる危険と常に隣り合わせの状態になってしまいます。

水質管理について詳しく書いたサイトがありますのでご覧ください。

水草水槽.com
http://mizukusasuisou.com

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

cho********さん

2016/12/1121:37:34

他の方が仰るように、
死んで赤くなっていると思いますが、
立ち上げどの位ですか?
週2回どの程度水換えをしていますか?
カルキを抜いて水温を合わせた水を
ゆっくりいれていますか?
魚につつかれたりは?

吸着系ソイルは初期ブレイクというのが
あるそうですが、
まめに少量の水換えをしていれば
問題はないと思います。
私もプラチナソイルを良く使いますが、
新規立ち上げで1ヶ月は週2回1/3程度づつ。
安定してからは週1回1/3で維持。
初期ブレイクはなったことありません。

tan********さん

2016/12/922:56:20

マツモの残留農薬が原因なら、3週間も持ちません。直ぐに全滅します。水質そのものが悪化しているはずです。それと、水草がマツモだけなら、ボトムにソイルは必要ありません。吸着系ソイルは使用初期は水質の安定に貢献しますが、ソイルの吸着が飽和状態になれば、「ある日突然」水質が急変します。ボトムを大磯やマスターサンド(ぶっちゃけ園芸用の富士砂も同じものですが)辺りに交換してください。その方が長期的には水質の管理が安定的にできるはずです。

pet********さん

2016/12/815:52:57

マツモって輸入ではないですか?
例えばですが
売ってるのを買ったなら、
国産なら『国産』か『自家栽培』と表記してたはず。
表記していなければ輸入のマツモで残留農薬と
考えてみては??

また
ヌマエビを飼うのなら
3日前までに
マツモを水槽から取り出して
日の当たる所で育てて
育ったら先端部分だけを水槽に戻すと
どうでしょうか?

導入後20日程度で死ぬ事から推測して回答しました。

d2j********さん

2016/12/814:37:21

アンモニアが原因みたいですよ?

tab********さん

2016/12/812:17:55

赤くなったから海老が死ぬのではなく、死んで腐ったから海老が赤くなったのです。

スーパーのブラックタイガーやパナメイ海老、かにもゆでると赤くなります。
この場合は、加熱でたんぱく質が変化するから赤くなります。

魚が大丈夫でも海老が死ぬアンモニア濃度があります。
あなたの水槽は「たぶん」ろ過循環によるアンモニア処理(生物ろ過)が、ちゃんと出来ていません。
まずは確認のため、水槽のアンモニア濃度を測ってみましょう。ゼロが理想です。

もしアンモニアが検出されたなら、まずはフィルターの中に100円ちょいのゼオライト1袋入れてみましょう。(その分、玉粒のセラミック濾材は減らします)

アンモニア計測しなくても、とにかくゼオライトをろ過室に投入するのでもかまいません。試薬は結構値段しますので。

たぶん海老は3週間では死ななくなるでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる