ここから本文です

ガンダムのモビルスーツ、ガルバルディについてご教授下さい。確かゲルググの発展...

sil********さん

2016/12/1715:46:02

ガンダムのモビルスーツ、ガルバルディについてご教授下さい。確かゲルググの発展機ではなく、ギャンとの良いとこ取りといった機体だったと認識しております。では、ギャンがゲルググより優れていた点とは?ギャンは

白兵戦用だったはずですが、ゲルググも格闘戦において劣っていたとは思えません。シールド型ミサイルポッド(?)もガルバルディに採用されてないですし・・。それとも操作性等といったソフト的な面だったのでしょうか?よろしくお願いします。

閲覧数:
349
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pon********さん

2016/12/2212:45:20

ややこしい経緯があるんです。

現在はゲルググとギャンの良いとこ取りとされてますね。

まず、元々、最初のガンダムが52話まで作られた場合、今、ゲルググと呼ばれてるアレはギャンとしてアニメに登場する予定でした。
富野監督のメモとテレビアニメに登場したモビルスーツの名前を比較しますと、
・マ・クベ専用ハクジ→ギャン(ハクジは白磁のことかな?)
・ギャン→ゲルググ
なのです。



対して、ガルバルディβの設定の元はMS-Xのガルバルディαなんですが。
(ガルバルディαを連邦が改良した。)

そもそもMS-Xって?と言うと、プラモ企画としてのMS-Vのセールスが好調だったため、ネタの水増しにのために捻り出したジオンの試作モビルスーツやメカ、連邦の新型などです。

そのネタ元は、上記の52話の場合の富野監督の構想メモです。

つまり、MS-Xにおけるガルバルディαはギャンの発展型とされていても、実はそこで言うギャンとはゲルググのことなのです。

つまり、ガルバルディαのネタ元のギャンとテレビアニメのギャンは別物で、実際はガルバルディαは、テレビアニメのモビルスーツ名で言えばゲルググの発展型な訳です。

なお、永野護氏は連邦が使うと言うことでジオンの重モビルスーツ的な意匠をやめたみたいなんです。
最初のアニメや劇場版のゲルググはかなり太めでして。

対して、永野護氏が(おそらく連邦が改良したことを意識して)細身にデザインしたこととプラモのギャン(昔のやつばかりか後のプラモまで)はゲルググより小さめヤセ型だったことがマッチしたりして。

結局、富野監督のメモとテレビアニメの違いの摺合せはしないまま、ガルバルディβはテレビアニメのギャンの発展型と言われてる訳です。


こうした背景には、最初のガンダム放映時、家庭用ビデオデッキはどちらかと言うと高級家電扱いでまだまだ普及していなかったこと。
(ビデオデッキを買っても、録画テープがまた高くて全話録画してやろうなんて思う人は少なかったんです。)

また、最初のガンダムのテレビアニメのソフト販売はかなり後になりました。
(まあ、スカパーに早めに加入した人には「しょっちゅう放送してるコンテンツ」でしたが。)

だから、テレビシリーズに一回しか登場せず、劇場版でもカットされたギャンは見逃したままの人も多くて。

後々ギャンの登場回は見逃した人がガンダムの設定を作成してみたり、テレビゲームでギャンの戦闘シーンをプログラミングしたり。

テレビアニメでは、ギャンがゲルググと押し合いするほどマッチョだったり。

キシリアがマ・クベのために作ったと言うギャンがゲルググと競作だったとか。
アムロはマ・クベを卑怯な戦い方をするとして弱いパイロットと呑んでかかっていたし、シャアもマ・クベは苦戦していると見ていた(思ったよりは持ちこたえたが)のに、ニュータイプとして覚醒したアムロと互角に戦ったのは、ギャンが初心者向けでかつ強いモビルスーツだとか。

あるいはテレビゲームでアニメと全然違う剣術を披露するとか。

いろいろ「おまえらガンダム観てないだろう?」みたいな後付けがされてしまいました。
まあ、あの戦闘以前にマ・クベはどの程度モビルスーツに乗ったかは、判らないんですが。
ガルマもモビルスーツに乗れるとか、昔のロボットアニメでは、指揮官や指導者はロボット乗ってけっこう強いのが当たり前でした。(ギルガザムネとか思い出しちゃったよ。)


なお、最初のテレビアニメのゲルググのナギナタは、(全部じゃないですが、)金属の刃のような表現でして。
劇場版でビームナギナタに修正されています。
つまり、テレビアニメ放映中~「めぐりあい宇宙」公開までの間、ゲルググはビームライフルを装備したがナギナタはヒート剣風であり、ギャンはビームライフルは持たないがビームサーベルを持っていることから、ギャンは格闘戦用と言う評価がされていました。
(めぐりあい宇宙でゲルググのナギナタもビーム兵器になったんで、ゲルググと比較したギャンの長所が消えてしまいます。)

ちなみにガルバルディβはシールドにミサイルを積んでいます。

今は(新訳版のΖで、)ガンダムMK.2までシールドランチャーを装備したんでミサイル使えるんでしょ? みたいな印象になりましたが。
当時はミノフスキー粒子を散布した中でミサイルは役に立たないと言ってまして。
ジェリドもΖが撃ったミサイル(グレネード)が自分を追尾したことに変に驚いてましたね。

「逆襲のシャア」公開当時、同作品でミサイルを積むモビルスーツが増えたのは、Ζが腕に装着したランチャーが役に立ったから。と言う設定だったんです。

つまり、ガルバルディβがあのタイミングでミサイルを固定装備するのは、かなり特異で、これもギャンの流れかな?って解釈が出来ました。

でも、あれのデザイン的な背景はテレビアニメのゲルググの発展型のガルバルディαを連邦が改良した機体です。

質問した人からのコメント

2016/12/22 15:19:23

素晴らしい!ありがとうございました!

ネーミングの経緯。
αにギャン要素が見受けられない事。
βにおける永野氏のデザインと
シールド裏のミサイル。
全てにおいて納得出来ました。
私の中で、グリプス戦役で1、2番目に好きなMS
ガルバルディβ。
HGUC化は夢のまた夢でしょうね。
最近、昔のキットを手に入れて色々な思いを馳せていました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gta********さん

2016/12/1722:05:23

・ギャンがゲルググより優れていた点とは?

格闘性能に特化した機体なので、その点ではゲルググより優れているんだと思います。
劣っていた点は、中長距離の飛び道具を持っていなかったことです。

・操作性等といったソフト的な面だったのでしょうか?

どちらかと言うと運用思想です、そもそもゲルググとギャンが競合機として争ってること自体かなりのミステリーと言えます、スポーツで言えばフェンシング対アーチェリーみたいなもんですから。
ジオン上層部が本気でこの二機を天秤にかけてたとするなら、もはや今後の見通しは一切立っていなかったと見ざるを得ません。
で、ガルバルディがギャンより進化した点ですが、なんと言っても飛び道具を手に入れたところでしょう、これでやっとゲルググと同じ土俵に立てたということです、あのビックリシールドだけでは、中期距離からの射撃で蜂の巣三昧ですから。
むしろあれはキチンと一撃で死ぬために火薬を仕込まれた自害用の盾だったのかも知れません。

it9********さん

2016/12/1717:17:56

ギャンに無かったビーライフルなどの装備を出来るように再設計した機体なのでゲルググを超える機体になってます。ギャン+ゲルググのような感じですね。
後、あのシールドはどう考えても不要だから無くなったんでしょ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる